新着情報

2017年12月 5日

コングレス両日のプログラム(第一弾)を公開しました。

コングレス両日(1/13(土)、14(日)のプログラム(第一弾)が公開されました。
※タイムスケジュール、プログラム内容、講演者等は変更になる場合がございます。
また発表者等の最新情報は、随時更新して参ります。予めご了承ください。

2017年12月 1日

学術発表・応募状況。テーマ一覧(2017年11月30日時点)

学術発表の応募状況を速報として、お知らせします。(2017年11月30日時点)

発表は、ステージ発表及びポスター展示前での発表となります。

応募受付テーマ一覧(現在、応募いただいているテーマになります)

  • 失恋によりインナーチャイルドを癒したケース
  • 大動脈解離・人工血管交換手術を4週間で回避できたケース
  • 鬱・アトピーの再発をレメディーとインチャ癒しで乗り越えた音楽家のケース
  • 多発性硬化症の診断を伴う、首肩のこり、足の痺れ、疲労が改善したケース
  • 片側性麻痺が改善されたケース
  • 子宮頚がんワクチンの副反応に改善が見られたケース
  • 心身の症状が改善した小学生のケース
  • 前立腺がんの疑いPSAの数値が下がり安定したケース
  • アトピー性皮膚炎のケース
  • 痛みを通して気づきを深め、改善へ向かったケース
  • 脊椎側弯症が改善したケース
  • 子どもを亡くしたトラウマを、ホメオパシーとインナーチャイルド癒しで乗り越え、新しい命を授かる事が出来たケース
  • ホメオパシーとインナーチャイルド癒しによって数々の試練を乗り越え、美しい命を守った女性のケース
  • 長期の不眠症がインナーチャイルド癒しとホメオパシーの併用で改善したケース
  • 体調が改善。亡き母に捧げる50年ぶりのコンサートを開催できた音楽家のケース
  • 磔の刑にされたかのような痛みと違和感が改善したケース
  • ゆっくり休めず働きづめなのが緩み、症状が改善したケース
  • 臓器サポートをしながら精神が楽になり気付きが得られたケース
  • 思春期の糖質摂取過多による不調と不登校が改善したケース
  • 不随意に顔、頭から転んでしまう状況が改善したケース
  • インチャ癒しで体調が改善したケース
  • うつ症状が改善し抗精神薬から離脱できたケース
  • ジェムレメディーとフラワーエッセンスの併用で共依存関係を解消したケース
  • 還暦を過ぎて愛する夫を失った女性が輝いて生きられるようになったケース
  • インナーチャイルドセラピー 自分の言動で誰かを傷つけないか、不安で不安でたまらない
  • 手術が出来ないと診断された子宮蓄膿症の犬がレメディーで完治したケース
  • 40代女性 物心ついた頃からのアトピーが2回の処方で劇的に改善したケース
  • 感情を解放することによりアトピーが改善したケース
  • カンジタと水銀、薬の影響をとることで改善した皮膚疾患と月経不順
  • パニック障害及び不眠が改善したケース
  • 長年のうつ病が一回の相談会で好反応を示したケース
  • 10年以上ホメオパシー治療を受けてきた電磁波&化学物質過敏症がインナーチャイルド癒しに取り組むことで改善し始めたケース
  • ストレスによる円形脱毛症と不定愁訴が改善したケース
  • 背中、腰、右手首の痛みと憑依しやすい体質が改善したケース
  • 産後のうつ症状が改善し趣味の絵を楽しめるようになったケース
  • ダウン症に伴う心室中隔欠損症及び心房中隔欠損症へのアプローチ
  • 蛋白漏出性腸症(低アルブミン血症による腹水)が改善したケース
  • 10ヶ月の無月経から1ヶ月で生理を取り戻し,胎児期のトラウマ、その後形成されたインチャに母子で気づき本来の自分生きられるようになったケース
  • 医療との連携により、統合失調症薬の禁断症状を出さず断薬できたケース
  • 妊娠中の様々な急性の問題に対するホメオパシーでのアプローチ
  • 妊娠中のアトピーの悪化と妊娠糖尿病に対するホメオパシーでのアプローチ
  • 脳卒中発作への緊急対応及びその後のケアについて 糖尿病が改善したケース
  • 動物の肝臓がんや、乳癌が改善したケース
  • 甲状腺のバセドウ病が改善したケース
  • 犬におけるホメオパシーの即効性
  • ひきこもりと過食がインナーチャイルドを癒したことで改善したケース
  • 発達障害、てんかん、喘息のケース
  • アトピー、喘息、発達障害の疑いのケース
  • 不妊のケース
  • ホメオパシー×食農×愛で重度アトピー性皮膚炎が改善したケース
  • 子宮収縮抑制剤(張り止め)を飲まずに妊娠を継続できるようになった子宮頚管無力症のケース
  • 妊娠中の子宮筋腫が縮小して、経膣分娩が出来たケース
  • 母子の健康相談を通じて、発達障害児の激しい癲癇が改善し家族愛が深まったケース
  • 重篤な子宮蓄膿症で余命3日と宣告された瀕死の柴犬が元気に蘇ったケース
  • 膀胱がん切除手術とその後のケアにホメオパシーを使い治癒したケース
  • 40歳代で不妊症の方が妊娠したケース

補足

※コングレスの学術演題募集につきましては、11月末にて、ステージ発表テーマ選考分は締め切りましたが、ポスター掲示発表分は引き続き、応募を受け付けます。これから提出を検討されている方で、応募要領等詳細不明な方は congress@jphma.orgまで、お問い合わせください。

2017年11月25日

学術発表・応募状況。テーマ一覧(2017年11月24日時点)

学術発表の応募状況を速報として、お知らせします。(2017年11月24日時点)

発表は、ステージ発表及びポスター展示前での発表となります。

応募受付テーマ一覧(現在、応募いただいているテーマになります)

  • 失恋によりインナーチャイルドを癒したケース
  • 大動脈解離・人工血管交換手術を4週間で回避できたケース
  • 鬱・アトピーの再発をレメディーとインチャ癒しで乗り越えた音楽家のケース
  • 多発性硬化症の診断を伴う、首肩のこり、足の痺れ、疲労が改善したケース
  • 片側性麻痺が改善されたケース
  • 子宮頚がんワクチンの副反応に改善が見られたケース
  • 心身の症状が改善した小学生のケース
  • 前立腺がんの疑いPSAの数値が下がり安定したケース
  • アトピー性皮膚炎のケース
  • 痛みを通して気づきを深め、改善へ向かったケース
  • 脊椎側弯症が改善したケース
  • 子どもを亡くしたトラウマを、ホメオパシーとインナーチャイルド癒しで乗り越え、新しい命を授かる事が出来たケース
  • ホメオパシーとインナーチャイルド癒しによって数々の試練を乗り越え、美しい命を守った女性のケース
  • 長期の不眠症がインナーチャイルド癒しとホメオパシーの併用で改善したケース
  • 体調が改善。亡き母に捧げる50年ぶりのコンサートを開催できた音楽家のケース
  • 磔の刑にされたかのような痛みと違和感が改善したケース
  • ゆっくり休めず働きづめなのが緩み、症状が改善したケース
  • 臓器サポートをしながら精神が楽になり気付きが得られたケース
  • 思春期の糖質摂取過多による不調と不登校が改善したケース
  • 不随意に顔、頭から転んでしまう状況が改善したケース
  • インチャ癒しで体調が改善したケース
  • うつ症状が改善し抗精神薬から離脱できたケース
  • ジェムレメディーとフラワーエッセンスの併用で共依存関係を解消したケース
  • 還暦を過ぎて愛する夫を失った女性が輝いて生きられるようになったケース
  • インナーチャイルドセラピー 自分の言動で誰かを傷つけないか、不安で不安でたまらない
  • 手術が出来ないと診断された子宮蓄膿症の犬がレメディーで完治したケース
  • 40代女性 物心ついた頃からのアトピーが2回の処方で劇的に改善したケース
  • 感情を解放することによりアトピーが改善したケース
  • カンジタと水銀、薬の影響をとることで改善した皮膚疾患と月経不順
  • パニック障害及び不眠が改善したケース
  • 長年のうつ病が一回の相談会で好反応を示したケース
  • 10年以上ホメオパシー治療を受けてきた電磁波&化学物質過敏症がインナーチャイルド癒しに取り組むことで改善し始めたケース
  • ストレスによる円形脱毛症と不定愁訴が改善したケース
  • 背中、腰、右手首の痛みと憑依しやすい体質が改善したケース
  • 産後のうつ症状が改善し趣味の絵を楽しめるようになったケース
  • ダウン症に伴う心室中隔欠損症及び心房中隔欠損症へのアプローチ
  • 蛋白漏出性腸症(低アルブミン血症による腹水)が改善したケース
  • 10ヶ月の無月経から1ヶ月で生理を取り戻し,胎児期のトラウマ、その後形成されたインチャに母子で気づき本来の自分生きられるようになったケース
  • 医療との連携により、統合失調症薬の禁断症状を出さず断薬できたケース
  • 妊娠中の様々な急性の問題に対するホメオパシーでのアプローチ
  • 妊娠中のアトピーの悪化と妊娠糖尿病に対するホメオパシーでのアプローチ
  • 脳卒中発作への緊急対応及びその後のケアについて 糖尿病が改善したケース
  • 動物の肝臓がんや、乳癌が改善したケース
  • 甲状腺のバセドウ病が改善したケース
  • 犬におけるホメオパシーの即効性
  • ひきこもりと過食がインナーチャイルドを癒したことで改善したケース
  • 発達障害、てんかん、喘息のケース
  • アトピー、喘息、発達障害の疑いのケース
  • 不妊のケース
  • ホメオパシー×食農×愛で重度アトピー性皮膚炎が改善したケース
  • 子宮収縮抑制剤(張り止め)を飲まずに妊娠を継続できるようになった子宮頚管無力症のケース
  • 妊娠中の子宮筋腫が縮小して、経膣分娩が出来たケース

補足

※コングレスの学術演題募集につきましては、11月末にて、ステージ発表テーマ選考分は締め切りますが、ポスター掲示発表分は引き続き、応募を受け付けます。これから提出を検討されている方で、応募要領等詳細不明な方は congress@jphma.orgまで、お問い合わせください。

2017年11月24日

アトラクション紹介(観世流能楽師 勝海 登氏)

演目:「能舞「羽衣」ー 天女の祈り ー」

コングレス1日目(1/13)にアトラクションとして、 重要無形文化財総合指定保持者 観世流能楽師で世界へ日本の「能」の魅力を発信する 「勝海 登 Noboru Katsumi 」様に 能楽をご披露いただくことが決定しました!

勝海 登氏のプロフィールは こちら >
katsumi_01.jpg katsumi_04.jpg

2017年11月20日

JPHMA20周年記念となるコングレスの開催に際して、 海外のホメオパス、団体からお祝いメッセージが送られてきております。

JPHMA20周年記念となるコングレスの開催に際して、
海外のホメオパス、団体からお祝いメッセージが送られてきております。

msg_img_01s.jpg

コリン・グリフィス氏(イギリス)
英国ホメオパス、ジェムレメディー研究家

メッセージはこちら >
msg_img_02s.jpg

Dr. ファロック・マスター(インド)
インド クラシカル・ホメオパシーの大家。ホメオパシー医師。

メッセージはこちら >
msg_img_03s.jpg

クルディープ・ジェイン氏(インド)
インド国内でのホメオパシーの知識普及に大きく貢献してきた世界最大のホメオパシー出版社を持つ、B.ジェイングループ総裁。

メッセージはこちら >
msg_img_04s.jpg

Dr. ジョージ・ディミトリアディス(オーストラリア)
JPHMA名誉会員
ハーネマン・インスティチュート・シドニー学長
ボーニン・ハウゼン・レパトリー(TBR)編集者

メッセージはこちら >

2017年11月19日

杉田かおるさんのコングレス登壇が決定しました!

杉田かおるさん コングレス講演決定!!

『美しい体、美しい心、美しい魂   -それは、自然からのプレゼント-』

このテーマに相応しいゲストスピーカーとして、
由井大会長とも親交の深い、杉田かおるさんが 1月14日(日)コングレス2日目に、お越しいただくことが決定となりました。

杉田さんの美しさもさることながら、その生き方は多くの方に感銘を与えておられます。

この度の講演でのお話が楽しみです。

2017年11月14日

植物療法の先進国ルーマニアから、マリナ・シウマス・リムブ医学博士のコングレス登壇が決定しました。

news_20171114_img01.jpg

海外来賓として、植物療法の先進国ルーマニアから、
マリナ・シウマス・リムブ医学博士&ホメオパスが来日発表決定!

ホメオパスであるとともに、ジェモ(植物幹細胞療法)セラピーの専門家でもあり、花粉療法などの自然療法にも精通。ホメオパシー統合医療に新たな可能性が開けます。

news_20171114_img02.jpg

マリナさんは、2017年10月ルーマニアのカンファレンスで、由井会長招聘の発起人となられ、CHhomスクーリングの際には、シビウの街やハーネマンミュージアム訪問の際にも御同行いただき、大変お世話になりました。

2017年11月 8日

第18回JPHMAコングレス特設サイトがオープン&web申し込み受付開始!

第18回JPHMAコングレス特設サイトがオープン致しました!

講演者情報、プログラムなど、詳細が決まりましたら順次こちらに掲載してまいります。

今年も、由井寅子会長をはじめとするJPHMA認定ホメオパスの症例発表の他、素晴らしい多数の来賓の方にご講演頂く予定です。ぜひご参加ください!