JPHMA認定ホメオパス

佐藤 文子(さとう・あやこ/AYAKO SATO)

ホメオパス 写真

  • ロゴJPHMA認定ホメオパスNo.0636
  • ロゴZENメソッド修得認定No.000064
  • ロゴJPHMA認定アニマルホメオパスNo.A0088
  • ロゴHMA認定ホメオパスNo.1580

活動センター

プロフィール

ホメオパシーを知ったのはぺらぺらとめくっていた雑誌の片隅の小さな記事。「ある症状を引き起こすものは、同じ症状を治癒させる力を持っている」「心と体を一体としてとらえる」といったホメオパシーの基本的な考え方が紹介されていたのを読んで、「あ、こういう考え方って好きだ!」と、自分の深いところが共鳴して嬉しくなったことを覚えています。
そして実際にホメオパシー健康相談会を受けてレメディーの力を実感し、さらには学生になって学びを深めるにつれ、大げさに言えば世界が変わっていきました。

ホメオパシーを実践することのメリットは、レメディーをとることによって症状が治癒していくことはもちろんですが、ホメオパシー的なものの見方や考え方ができるようになるということが、それと同じくらい大きなことだと思います。自分にとって本当に大切なもの、正しいもの、求めるものが何かを見極められる力を取り戻す。それによって真の自分を生きるようになる。ホメオパシーは、そんな本質的な力を私たちに取り戻させてくれる力を秘めていると実感しています。

私自身はもとより、人間・動物問わず私の大切な家族や友人たちが、ホメオパシーによって症状を改善させ、以前よりもとても楽に生きられるようになっていくのを目の当たりにしています。その恩恵を一人でも多くの方々に受け取ってほしいと思っています。

RAH11期生