日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

クライアントは、10年間、他のセンターの相談会にかかっていたが、ZEN ホメオパシーではなく、薬の影響に対処するレメディーなどをとることもなく、症状を出し切れずに湿疹を繰り返していた女性で、工藤ホメオパスの相談会を通して初めて大きな好転反応が起こったが、それを受け入れられない状態が続きました。痒みが酷く、コロナ禍で何もできない状況で、家で何かできることをとCHhomの動画を見ていた時に「症状はホメオパスに一方的に治してもらうものではなく、自分で治すものなんだ!」という気づきが起こったそうです。

また工藤ホメオパスから条件付の信仰心を指摘され、傲慢さを解消する「サポート偉い」をとられてから、自らインチ ャ癒しにも取り組み、心身ともに大きく変容していきました。それまでは人生の苦しい部分、足りない点ばかりを見ていたクライアントが、今ある幸せ、痒みがあっても、こうして生きていることのありがたさに気づいたことで感謝が生まれるとともに自然治癒力が触発されていく様子が示されました。そして症状だけでなくさまざまな点で人生が好転していったケースでした。

提出資料(PDF)