日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
山田美智子
山田美智子(やまだ・みちこ)
JPHMA認定ホメオパス/JPHF認定インナーチャイルドセラピスト/CHhom9期

「子宮頸がんワクチン後の諸症状と多嚢胞性卵巣機能障害による無排卵、無月経から妊娠、出産へと導けたケース」山田美智子

子宮頸がんワクチンを接種して以来、長い間の睡眠の問題、激しいPMS症状のために、ピル内服に至った25歳の女性が、多嚢胞性卵巣機能障害で無排卵、無月経の状態になっていました。そのような状況をふまえて、ZEN メソッドでクライアントの症状に合わせたレメディーを適宜お出しした結果、症状が改善し、妊娠、出産にまで導けました。

世間では コロナ禍で子宮頸がんワクチンの被害が忘れられていますか、まだ多くの方が副作用で苦しんでいます。そのような中で、無排卵、無月経の状態になっていた女性を妊娠・出産にまで導けた素晴らしいケースでした。

提出資料(PDF)

動画