トレバー・ガン(Trevor Gunn)

英国ホメオパス、生化学者

プロフィール

2002年初来日。ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)で、ワクチン接種と免疫ダメージ、ワクチン接種と臓器への影響を講義する。この講義での由井学長や学生たちとの質疑応答を含む講義内容が、「予防接種は果たして有効か?」という講義録として出版され、ワクチン神話を崩壊させたとまで騒がれ、日本社会に大きなセンセーションを巻き起こす。
1989年以来、ホメオパスとして活躍している。
身体におけるワクチンや他の医薬品の影響を広範囲に渡ってリサーチ。ワクチンや薬介入によって引き起こされる状態の原因とメカニズムに対する貴重な洞察力を発展させた。多くの出版物を執筆。英国、日本、レバノン、アイスランド、エジプト、クロアチア、ボスニアにおいて講演、カレッジ、サポートグループ、全国のTVやラジオに出演、この分野に貢献してきた。

  • 2001年RAH英国スクーリングにて、「予防接種に対するレメディー」講演。
  • 2003年RAH英国スクーリングにて「病理学と生理学」を講義。
  • 2005年RAH英国スクーリングにて「免疫について」の講義。
  • 2006年9月~2012年8月 RAH英国本校にて、フルタイムコース「病理・生理・解剖学」の教鞭をとる。
  • 2007年3月来日、「第1回ホメオパシー医学国際シンポジウム in Kyoto」にて由井会長、日本の90年代の予防接種被害者の集団訴訟などをリーダーとして勝訴に導いた故藤井俊介さんとともに記念講演を行う。合わせてRAH東京校にて「抑圧」をテーマに講義。
  • 2008年3月来日、「第2回ホメオパシー医学国際シンポジウム in Kyoto」にて講演。RAHにて「ホメオパシー治療における左脳と右脳」を講義。
  • 2011年「JPHMAホメオパシー国際チャリティーカンファレンス」にて「免疫発達の心理学と生理学、そしてホメオパシーの重要性」発表。