WHAWとは?

 WORLD HOMEOPATHY AWARENESS WEEK」世界ホメオパシー認識週間委員会の略です。WHAWは、全世界中のホメオパシー療法の認識を促進するためにつくられました。その週の間、ホメオパス(ホメオパシー医)とホメオパシーの仲間は、ホメオパシーの奇跡を世界中で共有します。

WHAWホメオパシー認識週間っていつ?

 2011年は 4月10日から16日 です。
 テーマ 「筋骨格の健康」
 ・
Musculoskeletal well-being




2005年ハーネマンの生誕250年を祝い、ホメオパシーを世界中に浸透させていき、正しいホメオパシーを広げるという認識を高めるための祭典が「世界ホメオパシー認識週間WHAW」として、カブリエル会長を中心としたWHAC(世界ホメオパシー認識週間委員会)主催で、世界中のホメオパスたちにより行われました。

ECCH(ヨーロッパホメオパシー連合)も参加協力を行っています。
JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)もこのハーネマン生誕250年を祝い、世界中で行われている祭典とともに、ホメオパシーの発展のために祭典に参加し、活動をしていくことを公式に受理されました。


世界ホメオパシー認識週間(WHAW)テーマ
・2010年 ental well-being - body and mind in balance (健全な精神 − 身体と心のバランス)  
・2009年 Homeopathy for Allergies  4/10〜4/16 「ホメオパシーとアレルギー」
-Hay fever, asthma and perennial rhinitis-
(In Memory of the 254th Anniversary of the Birth of Dr. Samuel Hahnemann)
・2008年 Homeopathy in Sports 「体の動かし方」 
(In Memory of the 253th Anniversary of the Birth of Dr. Samuel Hahnemann)
・2007年 Homeopathy for Women 「女性のためのホメオパシー」
(In Memory of the 252th Anniversary of the Birth of Dr. Samuel Hahnemann)

<海外でのイベントの様子>
●ネパールでのWHAWのイベントの様子(09/09/25)


・2009年 ホメオパシーとアレルギー3月14日(土)が開催されました。当日の様子⇒こちらから

■過去のWHAW JPHMA主催セミナー
・2008年 体の動かし方とホメオパシー
■WHAWガブリエル会長からの手紙