※タイムスケジュール、プログラム内容、講演者等は変更になる場合がございます。また発表者等の最新情報は、随時更新して参ります。予めご了承ください。

■2019年1月5日(土)【大会1日目】

時間演目発表者
9:45開場
10:30開会式(開会宣言、国歌斉唱、開会挨拶)
症例発表①
「レメディーとインナーチャイルド癒しの併用によって、心身が改善し絶望感から脱したケース」
佐藤文子
・日本ホメオパシーセンター札幌西11
症例発表②
「鍼灸とホメオパシーの併用によって、薬の影響から解放され健康を取り戻したケース」(仮)
橋本孝子
・日本ホメオパシーセンター仙台錦が丘
症例発表③
「子宮頚がんの原因となるヒトパピロマウィルスの感染症状が改善したケース」
小林智美
・CHhom5期
症例発表④JPHMA認定ホメオパス
症例発表⑤
「発達障害・統合失調症のような様々な異常行動が改善したケース」
竹内基幸
・日本ホメオパシーセンター名古屋本部
症例発表⑥
「16歳男性 全身のアトピーと鬱が改善したZENホメオパシーのケース」
菊田雄介
・日本ホメオパシーセンター東京総本部
記念撮影
12:00昼食休憩
13:00-13:40ホメオパシー治癒症例発表(メインホール、1Fロビーにて同時開催)
⇒発表内容の詳細はこちら
13:50特別映像上映「水科学の新しい展望」ダイジェスト
海外来賓講演①
「ホメオパシー医学のマテリアル・ペーシス(物質的根拠):電子顕微鏡によるナノ粒子とホルミシスによる生物活動
Dr.ジェイッシュ・ベラ―レ
・インド工科大学教授
JPHMA 災害支援活動報告
15:20休憩
事例発表
ZENホメオパシー体験発表
16:05基調講演
「氣の医学と科学との融合-ZENホメオパシー-①」(仮)
由井寅子
・JPHMA名誉会長
16:55休憩
海外来賓講演②
「インド国内におけるホメオパシー最新情報」(仮)
Dr.R.K.マンチャンダ
・インドAYUSH(伝統医学)省ホメオパシー中央リサーチ研究所長官
1日目総評
18:001日目プログラム終了

2019年1月5日(土)【大会1日目】パーティー

時間  
18:30受付開始
18:45-20:30コングレス開催記念パーティー
20:30パーティー終了

■2019年1月6日(日)【大会2日目】

時間演目発表者
9:10開場
9:30国歌斉唱、開会挨拶、初日ダイジェスト映像
症例発表⑦
「3歳男児 重度の癇癪と便秘が改善したZENホメオパシー」
工藤 聖子
・日本ホメオパシーセンター千葉船橋本町
症例発表⑧
「電磁波&化学物質過敏症がインナーチャイルド癒しから改善に向かったケース」

道繁 良
・日本ホメオパシーセンター島根安来
症例発表⑨
「インナーチャイルドを癒すことで、卵巣嚢胞・体臭が改善に導かれたケース」(仮)
片上 敦子
・日本ホメオパシーセンター練馬平和台
実践発表
「これからの自然農に求められるもの」(仮)
日本豊受自然農 スタッフ
10:45休憩
11:05来賓講演
「自然な医療、自然な育児」(仮)

高野 弘之
・豊受クリニック院長
症例発表
「複数ケースからわかる、糖尿病におけるZENホメオパシーの可能性」(仮)

松尾 敬子
・大会長、JPHMA会長
・日本ホメオパシーセンター埼玉日高
12:05JPHMA、JPHF認定証授与式・記念撮影

12:30-13:45"お昼休憩(70分)
JPHMA年次総会(20分)※場所:メインホール
13:45特別映像上映
「真の免疫の探求」他ダイジェスト
ZENホメオパシー体験発表
14:20基調講演
「氣の医学と科学との融合-ZENホメオパシー-②」(仮)
由井寅子
・JPHMA名誉会長
15:10休憩
15:40海外来賓講演③
「人の誕生から成人期までの発達と「病気」の関係

トレバー・ガン
・生化学者、英国ホメオパス
パネルディスカッション
来賓講評、大会長総括、閉会宣言
17:00全プログラム終了

2019年1月7日(月)~8日(火)【トレバー・ガン氏特別講演会】

時間内容講師
10:00-17:00トレバーガン特別講演会「ホリスティック病理」トレバー・ガン
・生化学者、英国ホメオパス