「ホメオパシーの普及が日本を救う」

会長:由井寅子



  当協会は、自然治癒力を触発することで、自らの力で治癒に導かれるこのすばらしいホメオパシー療法の国民への普及をはかり、自らの健康は自らが守るという、国民の健康意識向上を図る活動を行なっております。

高齢化社会を迎え、多くの国民が心身を病んでいる日本の現状を救うため、現代に通用する、ホメオパシーの理論と実践に精通したホメオパスの育成が必要と考えます。そのためには、ホメオパスの実力を計り技能レベルの維持・向上を図る仕組みづくりが不可欠です。

そこで当協会では独自に、あるいは海外の提携関係にあるホメオパシー団体と連携してホメオパス認定試験を実施しています。さらに認定後も年次学術大会、強化学習、更新制などを実施することによりホメオパスの技能向上に努めています。また、国民が広く安心してホメオパシー療法の恩恵に授かれるように、全国各地に日本ホメオパシーセンターを認定し、管轄・指導も行なっています。さらにはホメオパス職業保険も運用を開始するなどの一連の活動を通じて、日本におけるプロフェッショナルホメオパスの職業的地位の確立も目指しています。

当協会は現代西洋医学とホメオパシー医学は、それぞれ得意、不得意とするところがあり、お互いに補完し協力することで、日本国民の未来を救うことにつながると確信しています。