海外来賓講演 インドにおける新型コロナウイルスの現状とホメオパシー医学の状況
Dr.ラジ・クマー・マンチャンダ
(デリー連邦直轄地政府 AYUSH長官)

海外来賓講演 インドにおける新型コロナウイルスの現状とホメオパシー医学の状況<br>  Dr.ラジ・クマー・マンチャンダ<br> (デリー連邦直轄地政府 AYUSH長官)

●午後[海外来賓講演(東京)]

海外来賓講演「インドにおける新型コロナウイルスの現状とホメオパシー医学の状況」

Dr.ラジ・クマー・マンチャンダ(デリー連邦直轄地政府 AYUSH長官)

講演開始にあたり、インドへ敬意を表しインドの風景と共にインド国歌が流れました。
デリー連邦直轄地政府マンチャンダAYUSH長官におかれましては、新型コロナウイルス対策でお忙しい中、由井寅子JPHMA会長との長年の友好の元、このコングレスのためだけにご講演くださいました。
伝統医学を統括するAYUSH省のマンチャンダ長官は、新型コロナウイルスでは81%が軽度の症状であるにもかかわらず、残りの19%が深刻または重篤な状態になるとのこと、その差は免疫力であると明言され、老若男女が安全に使用できるホメオパシーは免疫力が向上させる実績があるものだとおっしゃいました。
インドでは高度なホメオパシー教育が整備され、また日夜研究・研鑽がなされているとのことで、この度の新型コロナウイルスにおいてもホメオパシーでできる様々な重要なガイドラインをAYUSH省のサイトで公開してくださっているとのことです。
また、新型コロナウイルス対策として、ホメオパシーによるセルフケアで免疫を高めることの重要性が勧告され、様々なホメオパシーのレメディーが使用されている中でもArs.Bry.Gels.Phos.Puls.が最も使用頻度が高い事がインド国内の各病院、研究機関との連携により判明しているそうです。インドでは自分の症状に合うレメディーをチェックするだけで選べるアプリも開発されているそうです。それがあれば誰もがレメディーを選ぶのに助かりますね。
最後に、ノーベル文学賞受賞のラビンドラナート・タゴールの言葉が紹介されました。「ホメオパシーは合理的な哲学を持つ科学だ。」間違いなくホメオパシーはこのコロナ禍の時代とも調和できる科学です。
マンチャンダ長官、本当にありがとうございました。