日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

<発表前メッセージ>「コロナワクチン後の帯状疱疹後神経痛に対して鍼灸とホメオパシーの併用が奏功したケース、セルフケア(お灸)の勧め」橋本孝子

橋本孝子(はしもと・こうこ)

プログラム1日目:学術発表「コロナワクチン後の帯状疱疹に対して鍼灸とホメオパシーの併用が奏功したケース、セルフケア(お灸)の勧め」橋本孝子ホメオパスからの発表前メッセージです。

発表演題の概要

今回はコロナワクチン接種後帯状疱疹に罹り後神経痛で苦しんでいた方が他療法(鍼灸)を行いながら
ホメオパシーを入れる事で症状が大きく改善していった経過を報告させて頂きます。

メッセージ

第22回コングレスの開催おめでとうございます。
新型コロナの流行で世界は不安と恐怖に包まれ、免疫の落ちたところにコロナワクチンが入り、
今までとは違うなかなか解決しない症状の方々が増えました。
しかし、施術に時間をかけて自分の治る力を立ち上げる療法と
ホメオパシーとの相性は素晴らしく諦めていた症状も改善していっています。
その体験を通して最終的には薬物が自分を助けるのではなく
自分の内なる力が自分を助けるということに目覚めてきた方も増えました。