日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

<メッセージ>「40代管理職男性・2年間服用していたうつの薬が4ヶ月の短期間でホメオパシーと腸活によりゼロになったケース」大田原恵

大田原恵(おおたわら・めぐみ)

Webポスター発表:学術発表の大田原恵さんからの「演題のポイント」です。

演題のポイント

働き過ぎの日本人男性が仕事への重責からうつ病発症となるケースは近年増加する一方です。ご家族の協力を得ながら自分自身を見つめ、ホメオパシーと腸活(手作り発酵飲料ミキ)で心身の健康を比較的早く取り戻すことができたケースをご紹介します。