日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
日本豊受自然農株式会社
日本豊受自然農株式会社(にほんとようけしぜんのう)
日本豊受自然農株式会社

自然農実践発表/伊豆の国市農場から中継「豊受御古菌培養での土作りと耕作放棄地を自然農の田畑へ開墾していく挑戦」

岡本隆廣(日本豊受自然農㈱函南農業部リーダー)/自然農実践発表「豊受御古菌培養での土作りと耕作放棄地を自然農の田畑へ開墾していく挑戦」

土づくりと耕作放棄地の開墾について、日本豊受自然農の畑から中継でお話しいただきました。

韮山反射炉を作った、江川太郎左衛門英龍の代官屋敷が近くにあるという立地、元は耕作放棄地でかなり荒れていました。

昨年10月、3メートルくらいの葦があり、当時は本当に水田にできるのかと思いつつ開始。
由井先生に「自分を律して誠心誠意取り組むように」言われ励んできました。
はじめに、トラクターのアタッチメントを草刈り用にして葦を小さく砕き、大きいトラクターで4~5回耕運を重ねることできれいになりました。

通常の農業との違いは

  • 緑肥で耕す
  • 御古菌で耕す

除草を繰り返し、あと少しで収穫です。自然で作ってるから栄養豊富。
周辺農家の反応は、拒絶どころか取り組みに注目し、耕作放棄地や休耕田を使ってくれないかとまで言われ、地域活性に貢献しているそうです。

愛情いっぱいに作物を育てる様子が伝わってくる報告でした。