日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
小林智美
小林智美(こばやし・さとみ)
日本ホメオパシーセンター東京総本部/JPHMA認定ホメオパス

「ZENホメオパシーの実践で自分を愛することに目覚め癒していったケース」小林智美

クライアントは50代の女性。主訴は、冷房にあたると感じやすくなる左足首の痺れ、冷感。右卵巣のちくちくする痛みがありました。

子供時代の事を尋ねると、親の言うことには絶対服従。強制から逃れたかったと語りました。母性がなく、子供を守ることが出来ない母。厳しい躾けの父が不機嫌になることが嫌だったこと。大人がするように弟や妹の面倒をいていたことを語ってくれました。

子供の頃の自分の気持ちを思い出し、よく感じてみることからはじめましょう助言。定期的な相談会がスタートしました。

レメディーの作用により、子供時代の抑圧してきた感情が吹き出し、精神的な落ち込み、パートナーへのネガティブな感情をぶつけるなどの好転反応がありました。

これまでの人生は、絶対服従の両親に反抗できなかったことに対する反発で生きてきたことに気づき、人生をゼロからやり直したいと語ったと言います。

20回の相談会とインナーチャイルド癒しを通して、人生の空虚さは自分を後回しにするという家庭環境から身に着けた癖が原因であることに気づいた。

本音で生きれるようになり、1人で暮らしていても孤独感がなくなり、充足感を感じるように変化していきました。また、主訴の左足首の痺れ・冷感や右卵巣の痛みは大きく改善し、気にならなくなったと報告されました。

最後に、クライアントさん自身が自分を労わり愛することに目覚めたのは、ZENホメオパシーが体だけでなく心や魂にまで作用し、自己への愛に目覚めさせ、苦難を受け取る勇気、忍耐、自らを救う力を引き出し、促進させることを実感しましたと締めくくられました。

提出資料(PDF)