日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

参加者の感想(プログラム/2日目:2022年10月16日)

参加者のご意見・ご感想 JPHMAコングレス

ご協力いただきありがとうございました。

  • この2年あまり、コロナ騒動の中、モチベーションを下げないように力を入れていました。無理に頑張ってきたと自覚しています。今回のコングレスで、南出先生の講演はとても面白く、久しぶりに心から笑い、何かが外れて軽くなりました。もちろん、とても大事なお話だということは理解していますが、「笑うこと」がこんなにも大事で必要なことだと、改めて感じました。前職は忙しく、寝る暇も食事の時間もまともに取れないほどでしたが、長く続けられたのは、楽しくて可笑しくて、いつも笑っていたからだと思います。そばにいる人は変わりましたが、クライアントさんと同じ方を向いて、力を合わせて、できれば笑いながら、目標に向かえるような相談会にしたいと思います。心から楽しんで心から笑えるように、スイッチを切り替えたいと思います。どうもありがとうございました。
  • 寅子先生、ホメオパス、スタッフの皆さま素晴らしいコングレスを開催してくださりありがとうございました。自宅にいながらこんなに凄い情報を無料で得られるなんて夢のようです!東京センターには行きたくてもなかなか行けないでいたので、オンラインで視聴できることは本当にありがたいです。それぞれの専門分野で誠実に役割を果たされているプロフェッショナルの方達に繋がれることに感謝しております。コングレスに参加してくださり、情報を共有してくださった全ての方に心より感謝しています。ありがとうございました。皆さまの健康と幸せを祈ります。
  • やはり栄養を考えた食事を取ることは大切で、人工的な余計な物をなるべく入れず、気づかずに入っても来ているので、非自己を排出出来るようにレメディーを摂り、バイタルフォースを高めることが大切だと再認識しました。信仰心も増やしていきたいです。ロジーナ先生のお話しも参考になり、影をリリースするエクササイズもユニークで、取り入れたらいいなぁと思いました。豊受式自然農の実践発表も作り手が身近に感じられて良かったです。
  • 初めてコングレスを拝見させていただきました。様々なケースを通じて、改めて今ホメオパシーが必要なことがよくわかりました。これから冬に入りまた流行の気配を作ろうとしている中、ホメオパシーで対処していきたいと思います。
  • コングレス、本当にとっても素晴らしい2日間でした。昨日の井上先生、本日の南出先生、杉本先生の発表はホメオパシーでできることこそが真の医学であること、そして、30年前よりワクチンの危険性について、発信をし続けてくださった寅子先生の行動力やあり方がいかに人として素晴らしい、志高いものであったのかを、何度も何度も確認させられるものでした。現役のドクターである杉本先生の勇気ある発表に敬意を表したいと思います。寅子先生、スタッフのみなさま、トレバーガン先生やロジーナ先生を読んでくださりありがとうございました。2日間ありがとうございました。お疲れさまでした。
  • 一日目に引続き、二日目の本日も、パワーと情熱に満ちた学術大会で、感動致しました。学術発表も簡潔でわかりやすく考察やまとめも十二分に練られていらっしゃることがよく伝わってきました。由井先生のおっしゃる”レメディー、信仰心、食”の三本柱、ZENホメオパシーがなければということが具体的に理解出来ました。又、南出先生のパンチある講演、杉本先生の誠実に事実に基づく講演、本当によかったです。一番は由井先生の生のお言葉ご講演を聞けたことです。ありがとうございました。ライヴで参加出来たこと、スタッフの皆様、由井先生、全ての方々に感謝申し上げます。最後の対談は最高。涙と笑でした。
  • かねてより由井先生の本は少しずつ読ませて頂きましたが、実際にお話をきいてみたいと思いつつ、長い時間が過ぎ、コロナ禍が始まってしまいました。もうぐずぐずしている場合ではないと直視し、ネットで代替医療の情報をさがしていたところ、偶然に(?)今回のコングレスの事を知り参加させていただきました。このたくさんの貴重な情報を誰にでも内戸を開きしかも無料というところに由井先生の本氣度を感じました。おかげで心身に良い刺激となり、これからすすむべき方向がすっきりしみえてきたように感じています。これから少しずつ自身の望む方向にむけて歩き出そうと思います。スクールのことも検討させていただこうと思っております。ありがとうございました。
  • 1日目に引き続き2日間も参加させていただきました。1日目のダイジェスト版映像が始まり、また、多数の方々の発表で様々なパワーをいただきました。南出弁護士の笑い交じりの中で聞いた反ワク訴訟報告等は楽しく聞かせていただきました。お父さんの看取りについての体験発表をされた阿部さんのお話はこれから来るであろう自分の両親とダブり、心がゆさぶられました。私自身のインチャ癒しの難しさを改めて感じました。2日間、盛りだくさんのホメオパシー学術で、俗世での生活をリセットできた有意義な時間となりました。携わって下さった方々へ感謝です。ありがとうございました。
  • 今年も素晴らしい大会を開催して下さり、ありがとうございました。時代の追い風もあり、ワクチン、薬の否定もおだやかで余裕のある響きになってきたと感じます。ホメオパシーも陰謀論といわれてきた真実もどんどん理解されていくと思います。政策には注意ですが。安全な食に関しても求められていきますし、全てを提供していただき大変感謝しています。コングレス開催にご尽力いただいた皆様、ありがとうございました。お疲れ様でした。
  • 今日の大会のメインテーマにワクチンと農業というのがありますが、今起こっているウクライナ戦争、円高等からくる食糧、肥料の高騰は、今まで日本という国が入ってきた間違いに気づかせてくれたいい機会だと思います。食糧危機に備えて、時代に先駆けて行動してきたとらこ先生に、多くの人が追いついていく、いいきっかけになったと思いました。又、とらこ先生は本当にホメオパシーがお好きなんだなと改めて思いました。
  • ホメオパスさんが短い時間の中で月に1回~2回以上に1回で、インチャ癒しをされる姿に頭が下がります。時折、見かけていたホメオパスさんの発表が聞けて嬉しかったです。最後のコングレスかもしれないと思い、博多から来ました。恐怖ではなく感謝を伝えたくて来ました。現地にいる事でのやり取りが嬉しく、感謝にたえません。サイマスグランドはたくさん処方を受けました。インチャ癒しのおかげで本当に自分が育ったと思います。私を含め、さまざまな人に喜びをありがとうございます。長く続くことを願っていた時は失われることの不安がいつもあったように思います。今あることを感謝できるようになりました。
  • 本日も盛り沢山の内容のコングレス無料にて参加させて頂き、ありがとうございました。昨日オンラインで夕方から難病で生まれる事を引き受けて生まれてきた子、そしてその子を育てきる覚悟を決め、精一杯生きていらっしゃるお母さんの由井会長のケース、頑張っていらっしゃるなあと感じました。それぞれがそれぞれの状況で今自分が出来る事を探し、取り組む事。許し受け入れ、淡々としっかり生きていいく事、一人ひとりの皆さんの生き様を聞かせて頂き、勉強になりました。おもてなしのスイーツ、お茶もごちそう様でした。ありがとうございました。
  • 難しい症例のホメオパシー的アプローチと改善の過程をたくさん見せて頂き、感動しています。レメディの処方のみならず、インナーチャイルドの存在に気付き癒して行くプロセスの大切さ、治してゆくためには本人の自己治癒力(ご本人の意思と努力も含めて)という、三位一体の結果であることを感じる回でした。クライアントにどこまでも寄り添うホメオパスのの先先生方の人間力、受け皿としての受容力の大きさにも心動かされました。素晴らしい発表をありがとうございました。
  • 本日2日目のコングレス、由井先生、南出先生、ロジーナ先生他、皆さんのお話をきき、1人じゃないんだという勇気をもらえました。ワクチンにしても、家族からは反ワクだといわれながら、ホメオパシーのMT、免疫グレートなどを広めていますが、皆さんの仲間がいるんだなあと思えてうれしかったです。今回初めてボランティアに参加しましたが、自分の大会のお役に少しでも役に立ってたらうれしいと思いました。
  • コングレス2日目、ライブ会場で聴講出来ましたこと嬉しかったです。学術発表はどのケースもあたたかくなりました。南出先生のお話も楽しく聞けました。杉本先生のお話おあらためてワクチンや解熱鎮痛薬の怖さを知りました。とらこ先生のお話も改めてワクチンや解熱鎮痛薬の怖さを知りました。とらこ先生の講演は心にぐっとくるものが大きかったです。豊受自然農の実践発表はいつも楽しみに聴かせて頂いております。スタッフの皆さまありがとうございました。
  • どのケースも、ホメオパスのあたたかさが感じられ素晴らしかったです。慈悲心、人間力、とてもとても大切ですね。心に余裕なくしては何も上手くいきませんね。南出先生のお話は楽しかったです。いつもおいしく健康的な商品を作って下さり、ありがとうございます。ロジーナ先生のお話も興味深かったです。ホメオパスに多そうです。熱いあたたかいとらこ先生、いつもありがとうございます。ありがとうございます。
  • 2日間ありがとうございました。今回のコングレスの中で来賓講演の方々(一般的に社会の中で説得力のある専門の立場だから)とらこ先生の分、動画で抜粋していただけるととても助かります。子供へのワクチンやマスク、給食のことなどがんばって活動している人たちのグループいくつかにシェアしたいです。ぜひよろしくお願いします。お手間かけますが、この2日間がより生きてくると思います。見た人たちも励まされます。
  • 素晴らしい会でした。毎年みなさんの活躍、発表、心からの尊敬と感謝の想いで拝見させていただきました。次回は発表をしていきたいと思います。このコングレスがこれからも続けていくことを、私自身も進化させていこうと想いました!!寅子先生とホメオパシー先輩方、真実を伝え続けてきた方、来年は発表できるようにホメオパスとしてすすんで行きます。学校にまたなるべく通えるようにしてゆきます。
  • 昨日、今日を通して様々なケースを見て、改めてホメオパシーのすばらしさを感じました。クライアントのきつい体の症状、心の症状に寄り添うホメオパスの姿に感動しました。配信ではなく会場で参加したことで、ひとりではないと実感するとともにパワーをたくさんもらえました。ありがとうございました。
  • ありがとうございました。盛り沢山のケース発表とこの先この国はどうなってしまうのか?とげんなりするような気持ちを「楽しまなきゃ!」と南出先生の言葉にはっとさせられました。今を生きているのだから楽しまなきゃ!!どんなときにも解決策はある!!希望をもって志が同じ仲間と楽しく過ごしていこうと思った。
  • 盛りだくさんな内容でお腹いっぱいです。軽食のキールもありがとうございました。とても美味しかったです。自分が幸せになるには、誰かを不幸にしないといけない、という考え方が私にもはびこっているところがありましたが、発表や自然農の様子を見て疑心暗鬼な気持ちを少し払拭できたと思います。また考え方の癖に改めて気づけました。
  • 体験発表の阿部ホメオパスの「看取り」の体験におどろきました。亡くなる数日前には自分で排せつやお風呂など。「自分で、自宅で、自分らしく」生きたと思える人生がすばらしいと思いました。寅子先生たや他のホメオパスの方のアドバイスなども心に響き涙が出ました!!片山ホメオパスのファーイースト・フラワーエッセンスのお話ももっともっと聞きたいです!!
  • 南出先生の楽しみながら行動する事に共感です。重い・危機的な話を笑いとユーモアを交えて対策も教えてくださいました。寅子先生の慈愛に満ちた相談会はいつもすばらしいなと感動します。クライアントさんに合わせて信仰心と食事を改善してもらい、その人らしさや幸せな気持ち、感謝を引き出す先生の処方・話し方は毎回大きな学びです。
  • 充実したコングレスでした。(症例発表、寅子先生、いろんな方の講演、パーティー)パーティーお料理美味しかったです!コングレスにかかわったスタッフの方々、先生方々ありがとうございます。
  • 今日も昨日と同様に、とても勉強になりました。”ホメオパシー、食、祈り”ZENホメオパシーは本当にすばらしいものなのだということがとても分かりました。ありがとうございました。
  • 1時間ほどの参加でしたが、後日配信でくりかえし見ることができるので大変ありがたいです。ホメオパシーの底力を感じることができ、ますますインナーチャイルド癒しに励もうと思いました。
  • 本日は寅子先生の基調講演からの参加となりましたが、昨日とはまた違った観点でのお話に感動致しました。今、日本を守れる、そして殺されずに続けていけるのは唯一自然農なのだと改めて思いました。2日間ありがとうございました。
  • ありがとうございました。いろいろ勉強になり、心新たになりました。ありがとうございました。
  • どんな状況においても、ホメオパシーには解答があり、希望があることが理解できました。
  • アーカイブで見せていただきました。我々は今大変な時代に生きているのだと改めて身につまされました。CHでワクチンとはどういうものであるのかを骨の髄まで深く学んだ事は本当に有難く、またその教えをこの有事の時代に広く多くの人に説かれているCHの姿勢には頭が下がる思いです。日本では殆どの人がワクチンを打ってしまいました。ワクチンの害を周りの人に伝えても理解してくれず、親子・親族・友人等との関係にも様々なドラマが生じました。私も体験しましたし、また多く耳にします。とらこ先生が今まで舐めてきた辛酸はいかばかりのものであったのでしょう。ホメオパシーには解決策がある。今は多くの人がワクチンの害に気づき解毒のお手伝いができる事を祈る日々です。多くの有益な情報をありがとうございます。
  • 盛りだくさんのコングレスありがとうございました。由井先生のDSも包みこむ感じが感動しました。日本人は古来信仰心があり自然に敬意を払ってきましたが、それは自然な振る舞いで意識、覚醒されたものではなかった。覚醒するために一度唯物の世界に沈む必要があった。沈む事によって意識、覚醒された信仰心、自然への敬意が生まれます。多分今その時なのでしょう。コロナワクチンに関してインナーチャイルドが見えてきます。特に優秀インチャが強いと自分の正当性のみに焦点をあててしまいます。そうするとこの事件の役割が見えてきません。このワクチンにも存在意義がある。由井先生の言葉の重みをかみしめています。
  • 南出弁護士のような弁護士が、ワクチン問題に大きく働きかけているのは力強く、職務を全うされている姿が素晴らしいです。今回のコングレスも両日通し、ホメオパスの発表や農業の発表を聞き、苦労しながら形にされていることを学ばせていただきました。スタッフの皆様、このように内容の濃いコングレスを作り上げて下さり、感謝いたします。
  • とても内容の濃いコングレスでした。ありがとうございました。指針となる講義が沢山ありました。阿部えみホメオパスのお話、とても心に残りました。人は自然に生まれ、自然に逝くことが出来る。私の父も高齢です。父の姿を重ねながら、そして共感の涙を沢山流しながらお話を伺いました。愛のあるお話をありがとうございました。また、片山ホメオパスのお話は、クライアントさんの心に寄り添うことを常にしていることを強く感じました。心がほっとします。寅子先生のお話、南出先生のお話。日本はこの危機からちゃんと立ち上がれると希望を感じました。私もがんばっていきます!ありがとうございました。
  • いろんなご報告を聞けて感謝します。自分や家族に当てはまる症状もあったので参考になりました。たくさんのサポートチンクチャーがあり、試してみたくなりました。ありがとうございました。
  • コングレスの感想とは離れているかもしれませんが、どうしても誰かに聞いていただきたいことなので、書かせてください。先日、知り合いの田んぼの稲刈りにいきました。そこはある団体が毎年管理している田んぼです。稲の種も代々つないでいるそうです。私はある場所の稲刈りが終わり、みんなが別の田んぼに移った後も、刈り残したり、落ちている稲を拾いたくて、稲刈り後の田んぼを歩き回っていました。すると、イネから声が聞こえてきました。「家族にお腹いっぱい食べさせたい」ずーっとその声が聞こえて、私は涙が止まりませんでした。この稲の種は前述したようにある団体が管理していて、農家さんのものではありません。20年前に農家からもらったものと聞いています。おそらく、稲のDNAに長い長い日本の歴史の中で刷り込まれてきたものと思いました。昔から日本人は「家族に美味しいお米をお腹いっぱい食べさせたい」と願いながら育てたんだと思います。そして、おそらく稲もそれに応えようとして、今まで来たように感じました。誰も「稲が人間に協力している」なんて思わないですよね。でも、稲もずーっと昔から人間のために頑張ってきてくれていたんです。私は昔の百姓の家族に対する愛情、稲の人間に対する無償の愛情が聞こえて涙が止まりませんでした。さて、今回にコングレスの由井先生の話の中で、最近のゲノム編集の野菜の話がありました。植物に意識があることに気づかず、物としか見ていない人が多いと思いました。本当はそんな操作しなくても、由井先生がなさっているように植物と対話しながら育てると、ゲノム編集のした野菜よりももっと人に合った野菜となって実ってくれると、豊受の畑で由井先生が証明してくださっているように見えました。「自然を八百万の神としていたのが日本人」が印象的でした。それを忘れてしまったから、ゲノム編集のという発想に疑問を持たない人が多いのだと思いました。今、都会の保育園で育つ子どもが多いです。自然の中で遊ばせる保育園は稀です。そして勉強中心の小学校へ進みます。その過程では植物との対話は起こりません。そうやって、ゲノム編集、遺伝子組み換え作物に疑問を持たない大人になるように見えます。そんな日本の中で、自然農に尽くしてくださる豊受けの社員や由井先生方にたいして、とてもありがたく思いました。
  • 体調が悪く二日に分けてやっとオンラインで視聴が出来たことに、スタッフ関係者にすべてのことに感謝です。会員発表:皆様のそれぞれの少しずつ変わっていてもクライアントに寄り添う、インチャ癒しを大事にする取り組み方、とっても参考になりました。それぞれのスタイルがあっていいということも気づきました。インチャや感情のことを中心に置いた選択方法もあり、それでもいいんだと安心しました。ファーイーストの可能性にもびっくりしました。自分に嫉妬のインチャがあることわかり、良い気づきになりました。癒そうと思います。本当にありがとうございました。南出弁護士:明るく楽しく、やっていこうその精神とわかりやすい説明と漫談風のお話、大変、感謝です。その精神見習いたいと思います。いろんなヒントをもらいました。訴状を見てみようと思いました。1%でも家庭菜園してみようと思います。安部ホメオパス体験発表:理想の死に方、すばらしい発表でした。寅子先生(未曾有の時代を生きぬくための):食べ物の大切さ、栄養の大切さが良くわかりました。本当の栄養が胸腺をつくることがよくわかりました。アレクサンダー病のケースは、ほんとうにほんとうに感動でした。気づきがありました。私も家の暮らしを大切に毎日に丁寧に生きること。なるべく早く(今のパートを止め)、しようと思いました。杉本先生:鎮痛剤の怖さ、ワクチンの怖さは、ビックリでした、よくわかりました。ありがとうございました。ロジーナ先生:レメディやエクサイサイズなど、とっても参考になりました。ありがとうございました。二日間、ほんとうに素晴らしい気づきの大会でした。明日から、肯定的にとらえて、実践していこうと思います。インチャ癒しと、信仰心を忘れず、いこうと思います。スタップ関係者に皆様、ほんとうにありがとうございました。共にやりましょう。心通わせて。ほんとうにありがとうございました。ホメオパスでいれたことに感謝。この二日間のコングレスを見ることが出来てほんとうにほんとうに感謝です。これからもインチャ癒しとホメオパシー的使命を忘れず、過ごしていこうと思います。また、現在の体調を回復することを一番に、しかし、症状を怖がらず、じっくり、見極めて直していこうと思います。ありがとうございました。
  • ホメオパシーとは異なる分野の方々とも同様の話題で話し合える事が大変素晴らしい事と思います。毎回、内容の濃いコングレスの企画に心より感謝申し上げます。
  • とても内容の充実した2日間でした。このような、配信を無料で流して頂きありがとうございます。人工甘味料の話、グリホサート、ネオニコチノイドの農薬の話杉本先生の解熱剤の話、南出弁護士は難しい話を、面白く楽しくお話して下さいました。最後のトラ子先生の話で、豊受の種は相手をみる。目をかけ愛を示しというところで、そうだ、私は自分にも、もっとキチンと向き合い自分を大切にしなければならないのだ!と、涙が溢れてきました。沢山の事を学ばせていただいた、大切な2日間になりました。延長配信ありがとうございました。
  • 動画の視聴期間を延長してくださり、ありがとうございました。小刻みにでしたが、全部拝聴することが出来ました。みなさまの発表を聞いていて思ったのは「ホメオパスの皆さん、優しいなぁ」ということです。そして、長年感じていた高熱のせいで亡くなったという様々な事例が高熱を無理に下げた(下げようとした)せいではないか?という疑問の答えを二日目の夕方の先生の講演でいただけて良かったです。
  • 1日目に引き続き素晴らしい内容のコングレスをありがとうございました。レジーナ先生のお話もとても興味深かったです。力強い寅子先生の教えをいただけて幸せです。また気持ちも新たに頑張って勉強します。
  • どの発表もすばらしっと思いました。中でもクライアントさんの要望に答えて治癒への導きをフラワーエッセンスのみで行うこともあるのだと知りとても印象に残りました。
  • アレクサンダー症候群の事例ではホメオパスの凄さを改めて痛感しました。質の良い食事、信仰心とレメディーで霊性生活をすると感謝が生まれ、大切なものに気づくことができるのですね。また、ロジーナ先生のお話では、連帯への葛藤において癒しとは行動を変えるプロセスであり、すなわちそれが自然治癒力であるとのことだったように思います。他の誰かの否定的な病を引き受けるなど、影の病気を持つことは免疫力が低下することになるため、否定的なものを分離し、自身と他人を区別する能力を身につける必要があるとのことでした。振り返ってみると、コロナ禍においては、知らず知らずのうちに共感の影を引き受けることが多く健康を害することが常態化していたように感じています。しかしそれは、無知が故に招いた結果でもあると気付かされました。「無知は殺人にさえ繋がる罪である」という言葉は非常に胸に刺さりました。これからのあるべき姿、やるべきことがはっきりしました。有意義な2日間をありがとうございました。
  • 1日目に続き、たくさんのお話をありがとうございました。いろいろな方の発表の中でも、とらこ先生の紹介してくださったお母さんのお話が心に響きました。娘たちには障害はありませんし、お母さんのように外で活躍していたわけではないのですが、心境としては似ているなと。自分の成長が楽しく、その姿を娘たちにも見せることがいいと思っていましたが、もっともっと娘たちに愛情を注げるよう、紹介していたレメディーを採ってみようと思いました。氣づきをありがとうございました。
  • 1日目と2日と素晴らしい内容でした。学生になって拝聴すると授業と重なり深く響く物があり改めてZenホメオパシーと農業の取り組み、農業部のケア、日本を守ろうとする思いなど含め寅子先生の功績と行動力、賢さに素晴らしいと感動しっぱなしでした。南出先生の講演も響きました。普段は中々細かに聞けない貴重な機会をありがとうございました。寅子先生との対談も大変興味深く拝聴しました。全ての発表に感動したのですが中でも、クライアントに寄り添うフラワーエッセンスの北海道のホメオパスさんの発表が新鮮で温かさが伝わりました。寄り添う、相手の意向を尊重する事の大切さを感じました。蚊の皮膚トラブルに悩まされる10年ですが皮膚、痒みに関する発表が多くて有難い思いでした。アレキサンダー病のお母様の気丈な思いと息子さんに寄り添う姿勢に感動したと同時に寅子先生のマッチしたレメディや食材のアドバイスなどに、本当に全ての功績も含めて私もノーベル賞に必適すると思いました。ノーベル賞は悪の賞だからネーミングを変えた名誉賞をなどを寅子先生に与えて欲しいと思いました。内科医の杉本先生の真摯な講演と活動にもこういう医者がまだいる事が救いとなりました。最後にほぼ毎日、豊受の食品や商品を食べ使用してる私には、豊受スタッフが登場し、担当者が商品を説明して下さり感謝の思いが常々あるので涙が溢れてしまいました。お米、大豆、大麦、野菜など自然農で全て作り上げる事がどんなに大変だったかと「みなのTV]を見て思っていたので、商品に作者名を付けて欲しいと願っていただけに、スタッフの登場には感動しました。現場の皆さん、ありがとうございます。そしていつも美味しく頂いています。豊受商品を食べたり使い出して、ほぼ1年と数ヶ月。体質が変わって来たと思います。全ての食品やレメディなどの基本になる作物作りの農業部の方には深く深く感謝申し上げます。ありがとうございます。
  • 第23回コングレス開催おめでとうございます。今年はセンター石垣にて自宅コングレスに参加させて頂きそして先ほど配信でも視聴させて頂きました。ものすごく濃い2日間でキャパオーバーぎみですが、寅子先生をはじめ先輩方のたくさんの症例を拝見しとても勉強になりホメオパシーの凄さを目の当たりにしてワクワクしました。この素晴らしい大会があたりまえのように毎年行われていますが、その裏ではたくさんの方々が携わって下り毎日夜遅くまたは徹夜で支えてくださったおかげです。本当に感謝しかありません。当たり前があたりまえではなく、毎日の暮らしをコツコツ丁寧にやっていくことがとても大事という事を改めて学ばせて頂きました。原因は外ではなく内にある、自分で気づく事、苦しい中に光を見つける事、頭でわかっていたつもりでしたがしっかりと腑に落ちました。大切な事を気づかせていただき心から感謝いたします。2日間の長丁場お疲れさまでした。
  • 2日間ありがとうございました。貴重なお話をたくさん聴けました。インフルエンザのワクチンや解熱剤の話を聴いてワクチンを予約していた母に話したところ予約をキャンセルしてくれました。初めてインフルエンザになった時ホメオパスに相談したんですが一週間位熱が下がらず、ワクチン接種した後になった時は薬を飲んだからか軽く済んだと今回も接種を考えたようです。次インフルエンザになったとしてもホメオパシーと自分の免疫力などで乗り越えて自信になる体験をして欲しいと思っています。私自身もコングレスでいろいろなケースを聴いてもっといろいろ学んだり、知ることが必要だと感じました。こういう機会本当にありがたいです!ポイントのキャンペーンもしっかり利用させてもらいました!たまったポイントでまた体が喜ぶものを買いたいと思っています。嬉しいです。ありがとうございました。
  • 由井先生のアレキサンダー病の処方はとても勉強になりました。病理などの見解もとても参考になり、改めて信仰心の大切さが分かりました。お母さんは、最初は、食事のことも無頓着で、働き過ぎて頑張るタイプでしたが、由井先生との相談会を経て、本当に大切なものは、何かと理解することができ、ものすごく成長されていて、驚きました。私も、悩んでいるクライアントさんに、本当に大切なものを理解いただき、日々に感謝いただけるように指導していけるホメオパスになりたいです。豊受自然農の皆さんの努力やこだわりが伝わってきて良かったです。普段購入している商品を担当している方の顔や裏側など知れて良かったです。
  • 二日目もホメオパシーの素晴らしさを感じることができました。全部聞けていませんが、延長配信して下さっているので少しずつ聞いていきたいです。弁護士さんの話で予防接種が予防になっていないことを再認識しました。たくさん受けてきた予防接種。ゾッとします。由井先生のケースの男の子の表情の変化には、胸が熱くなりました。感動をありがとうございました。
  • 家でコングレスを聴講できるようにしていただき、寅子先生はじめスタッフ皆さま、本当にありがとうございました。コロナと言う一大ウソつき大舞台が用意され、その中で私たち一般市民が右往左往して行きました。そんな中、オンライン講座の殆どが無料となり、コングレスも無料となりました。これには反対意見もあったと思うのです、利益が損なわれるから。でもそれを通した。その事で多くの人が現場(会場)に行かずとも、自宅パソコンで、移動しながらスマホやタブレットで視聴する機会を得る事ができました。1日目約2千人、2日目約2千人、のべ約4千人の中、9割の聴講はネットを介して行われた事になります。会場ではなく自宅や移動先でとなると、最初から終わりまで座ってじっくり聴講する事は難しいです。私も高齢の母のお世話をしながら、作業や仕事の電話をしながら聴講する事になりましたので、一部見れていない所もあります。でもそれはアーカイブ放送で時間を取っていただいているので、空いた時間を使って見逃した箇所を視聴すれば良い事です。なんて至れり尽くせりなんでしょうか!ありがたき境地です!何度もありがとうをお伝えしたいです。ロジーナさんの講義の「影の病気」について。3年前から母と同居するようになり、私の場合はコロナ前からまさにこの、影の病気の影響がありました。確かに元々持っていた私自身の部位部位の弱さと言うものはありました。しかしそれを傍に置いたとしても、母と同じような(似たような)症状が出る事は一緒に住むようになり顕著になって来ました。母は良い人ではあるのでしょうが、どこかお嬢様気質で、自分中心な世界に住んでいて、他者へ共感を持ちつつもそれらはどこか上から目線の「可哀そうに」的な方法を取る人。本人は全くそれに気づいていないので「私がお嬢様?とんでもない。貧乏な中で生きて来て真面目に生きて来たんだよ!」と言います。確かにそれも事実なのですが、それだけでもありません。私はこの高齢の母の痛みを軽減させ、恨みつらみを軽減していけるようにと願い、ホメオパスとしても接して来ました。この3年間で私自身の本音が母によって(母が刺激になり)炙り出された時間でした(それは今も続行中)。自分が母の病気を引き付けている事は、私の問題である事も知ってはいましたが、それを引き離す術、方法を思いあぐねていたところでした。なかなか、難しいのです。それはきっと愛と憎しみの何とやら・・・と言う事なのだろうと思います。ロジーナさんの示唆してくれたエクササイズ、講義を聞きながらすぐにやってみたのです。少し痛み小さくなりました。イメージする事、形を与えて行く事、それらが事実になって行く事なのだと思いました。気づく事→言葉→実践→現実が変わるのだと思います。南出弁護士のメッセージを読んだところです。苦労人だとは思っていましたが、そうだったんですね。私がまだ学生の頃、京都で開催したコングレスだったと記憶しているのですが、子宮頸がんV訴訟をしているという事で、コングレス登壇されていたのが初めての出会いでした。講義での漫談、良かった!ちょうど江戸時代の踊念仏みたいな感じで、誰でもがとっつき易い事が大事で、そこから調べる事がスタートする人たちが居ると思うのです。あのオカシサの中に、信念を感じました。メッセージも鳥肌がたちました。ホメオパシーではない立ち位置に、同胞が居る事の喜びを感じました。一人の力ら小さい。だから力を合わせてやる。一人の力は小さい。されど一人でできる事がある、それをやる。どちらも必須の左右の車輪ですね。書きたい事はいろいろあるのですが、長くなりすぎるのでここで終わります。去年ビデオ発表し、その後寅子先生からありがたいメールをいただいたにも関わらず、日々の忙しさのため返事も出さず一年が経ってしまいました。言葉を胸に精進して行きます、がんばりますとお伝え下さい。ホメオパス皆さんの発表を視聴し、私も発表出来るようもう今から準備しなきゃとも思いました(出来るかなぁ、がんばろう)コングレスに感謝を込めて。ありがとうございました。
  • このたびは23回目コングレス開催おめでとうございます!1日目は会場で、2日目は自宅配信で拝見しました。毎年毎年思うのですが、JPHMA会員のケース発表がどんどんグレードアップしていくのを感じます!今年も聞きいってしまう発表ばかりで、ホメオパスの一人としてもとても誇らしく思いました。とりわけ印象的だったのは、写真やグラフでエビデンスをしっかりと見せて解説していらした高宮先生の「股関節のケース」や関守先生の「炎症はありがたい」、増田先生の「難病のホメオパシーサポート」でした。各症例ともに、症状が改善するとともに、症状を受け入れるようにクライアント様の精神面のサポートと導きが素晴らしいと思いましたし、写真やグラフなどPPTの使い方がとても上手で参考になりました。また、来賓講演では、大阪市大医学部の井上正康名誉教授の「コロナとワクチンの全貌」はしっかりしたデータに裏打ちされた真実と、それをわかりやすく解説できる井上先生の頭脳明晰さが光っていました。由井名誉会長もおっしゃっていらっしゃいましたが、ぜび「大人の学校」の講義をCHHOMでお願いしたいと思いました。1日目の最後に懇親会のパーティーにも参加させていただきましたが、豊受オーガニクスレストランのお食事の数々が見事なまでに美味しかったこと!たくさんの方と交流でき、とても充実したコングレス参加となりました。今年はWEBでの録画配信という形で、ケース発表もさせていただき、感謝です。ありがとうございました。来年もますます成長したたくさんの素晴らしいホメオパスのケースを拝聴できることを期待しつつ、自分自身にも磨きをかけていきたいと思います。コングレスの縁の下の力持ちのスタッフの方々、今年もどうもありがとうございました。愛と感謝を込めて。
  • 症例発表はいずれも心に残る素晴らしい内容でした。特に父親の看取りの体験のお話はとても印象的でした。いかに生きるか、いかに死ぬか、旅立つかは同義だということを改めて感じさせられました。死生観が真っ向から問われること、レメディーの働きばかりでなく、般若心経や祝詞が絶大な意味を持つことをよく学ばせていただきました。ホメオパスの仕事は本当に人間力が試されるということを、どの発表からも深く感じました。南出弁護士のお話はとてもユーモアに溢れて、お人柄が感じられました。先日の秋のお彼岸講演のときのメッセージのときには分からなかった明るい一面が垣間見れて、共感できました。昨年80ページにわたる訴状を読んだ時にはちょっとやり過ぎではと感じましたが、今日のお話で先生の真意がよく分かりました。コングレスでこのようならお話が聴けて良かったと思います。寅子先生のお話を通じて、改めて自然農を長年積み重ねてこられたことへの敬意と感謝の気持ちを感じました。1日目のパーティーで、最高に美味しい料理をいただきながら、皆さまと楽しく交流でき、冷凍パックの弁当や食堂のランチメニューも最高に美味しかったです。特に豊受の黒米、玄麦入りのご飯は以前よりさらに美味しくなったとても思います。香り、噛みごたえ、後味も素晴らしく、自然の恵みに対する感謝の気持ちが溢れてきます。コングレスを20年以上の間毎年積み重ねてこられたことに敬意と感謝を表します。2日間多くの学びがありました。早速もう一度聴いて勉強し直したいと思います。
  • 本日もまた充実した内容が盛り沢山で、勉強させていただきました。ありがとうございました。寅子先生はじめ、スタッフの皆様、お疲れ様でございました。本日のホメオパスの発表も皆さま丁寧な考察に感動しましたし、シェアして頂き感謝です。お父様を看取りされましたホメオパスの方の体験も涙涙で聴かせて頂きました。お父様のように最期を迎えるのが、私にとっても理想と思いました。悲しいけれど、優しいお別れだと思いました。寅子先生の農業・食に向けられる熱意から、講演の内容まで、毎回新しい情報や学びを頂いております。本当にありがとうございます。南出先生の漫談(講演)も楽しく、けれど広く奥深い内容に考えさせられました。先生の言われるようにその場だけで聴いて終わりではなく、行動に結びつけます。杉本先生のお話がまた南出先生の話にさらに専門的な視点からの事実を肉付けしていただき、さらに腑に落ちました。親として知っておきたい所を明確に説明して頂きありがとうございます。ゾンネシュミット先生の穏やかだけど、的確なコロナ禍の日常への指摘であったと思います。人々の分断と和解など、コロナ生活2年目となり、もはや意識していそうで出来ていない点へのご指摘に、私自身もハッとしました。アーカイブを何度を繰り返して見てみます。今年もコングレスをありがとうございました。
  • 二日間にわたる、素晴らしいコングレスに参加させて頂きありがとうございました。由井先生の基調講演をとても楽しみにしていました。アレキサンダー病のケースとお母様からのメッセージは魂に響くものがありましたし、農薬の霊的見解が、守ろうとしているということに驚いたり納得したり、また御古菌にて無毒化できることにもとてもありがたいことであると感動しております。今回自宅開催をさせていただき、日本豊受自然農株式会社からおもてなしの発酵あんこやキールを提供頂き、参加者の皆さんと一緒に頂きました。とてもおいしくて、キャーキャー言いながら味わいました。ありがとうございます。また、お弁当も大変美味しかったです!美味しいのはもちろんなのですが、食べていると内側から力が湧いてくる感覚があり、このお弁当が被災時に冷凍庫から出てきたり、避難場所で配られたら、不安、恐怖モードから、一気に、希望をもって動き出せる力になると感じました。作ってくださった皆さんの想いが、レメディーのように、このお弁当に入っているとお聞きして納得です!!バタバタとしていて、発表の全てをまだ見ておりませんでしたので、これからまたじっくりと勉強させて頂きたいと思います。ありがとうございました!
  • 今日も素晴らしいホメオパシーの発表をホメオパスの人達からきけてよかったです。その中で特に印象に残ったのは、ご自身のお父様を看取られた方の発表でした。お父様の、最期だからこそ、自分の家で亡くなりたいという気持ちを汲み、周囲意見や自分自身の気持ちの中で葛藤しながら、結局、その日をむかえ、お父様にとって、素晴らしい最期となったと思います。どこで亡くなるか、どうやってなくなるか、延命については、私自身も父母の事で考える機会がありましたので、発表の途中も、色々な感情が生まれました。また、ワクチンに関しては、杉本先生、南出先生から分かり易い説明をいただき、ワクチンがいかに悪いものでしかないということを以前より説得力を持って具体的に周囲の人に話せそうです。例え微力でも、ひとりひとりがアクションを起こすことが大切だということを南出先生もおっしゃっていたので、自分なりに自分のペースで被害者をひとりでも減らすお手伝いが出来ればと思いました。そして、犬についても同じ状況ですので、犬の飼い主にも、私の飼い犬での経験をお伝えしています。
  • 第23回コングレスの開催おめでとうございます。今の日本、世界の状況に憂鬱になってしまっていましたが、コングレスに集まっている方々の覇気と、由井先生の愛情に心うたれました。様々な惨状に、何故ここまでのことがされるのか、と嘆かわしく思っていましたが、ここまでされなければ気付けない、日本にとって必要な出来事なのだな、、と。様々な先生方のホメオパシー的治療の結果と、医療、化学からの根拠、全てが真実を裏付けていると思います。そして由井先生の講義を聞いていると日本人ならきっと乗り越えられると思えました。まだまだこれから試される出来事が起こってくるのだろうと思います。でも日本に由井先生が居て下さってよかった。今こそ、これからこそホメオパシーが必要とされる時、私もホメオパスとして少しでも苦しんでいる人の力になりたいと思います。ホメオパシーという素晴らしい医療がより多くの人のもとに届きますように、日本の希望の光となりますように。これからもJPHMAの発展を心より願います。ありがとうございました。
  • コングレス2日目も、とても充実した内容でした。JPHMA会員の学術発表はどれもとても素晴らしく、そのレメディー選択や考察をまたじっくり読ませていただきたいと思いました。特に今回は、サポートチンクチャーの力を感じ、これから更に使っていこうと思いました。寅子先生の講演を聴いていると、元気が出てきます。食の大切さを改めて感じ、「よし、また今日から少しでも変えていこう!」と決意しました。豊受自然農の方々実践発表、大変なことがたくさんある中、すばらしいお米、豆、小麦、野菜を育て、加工品を作り出してくださっていることに改めて感謝の気持ちがわいてきました。南出先生、杉本先生、ロジーナ先生のお話もとてもよかったです。こんなすばらしい内容のコングレスに、私も参加できていることを誇りに思います。寅子先生、スタッフの方々、関係者の方々、ありがとうございました。
  • 寅子先生、関係者のみなさん、2日間の配信ありがとうございました。涙あり笑いありで、みなさんから元気と希望をいただきました。支配者層が計画していることや日本の悲惨な現状を知れば知るほど絶望と恐怖しかなく、死を待つ囚人のような気持ちになっていたのですが、もし明日何かを起こされたとしても、最期の時まで希望を持って生きたらいいんだと思えました。そして、これまで何度も思ってきたことですが、やっぱりZENホメオパシーは凄いですね。ZENホメオパシーとホメオパスさんのあたたかさに、どれほどの方々が助けられただろうかと思うと、本当に感動しかありません。私も助けていただいた一人です。豊受モールでのお買い物も、楽しませていただきました。豊受自然農のみなさん、関係者のみなさん、いつもありがとうございます。とても有意義な2日間でした。ありがとうございました!
  • 本当に中身の濃い素晴らしい感動的な大会だったと思います。やっと家庭菜園から取り組む運びとなりましたが、体調に問題が出てきて、今後どうなるか今のところわかりませんが、希望を持って前向きに進んで行きたいと思います。昨年インチャ講座を受講していて本当によかったと今つくづく感じています。そして、ホメオパシーと出会えて本当によかったと思っています。暗いことの多い現代社会ですが、この2日間明るい希望のエネルギーをものすごく感じました。そして、例年にも増してさらに充実した内容だったと思います。みんなが統合して一つになることの大切さとともに、南出先生もおっしゃっていたように、一人でもできることはたくさんあるのだと改めて認識しました。そして励まされました。由井先生を始めスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
  • 両日とも、とても素晴らしい内容のコングレスでした。開催いただきありがとうございました。今までは、コングレスで発表される方たちは雲の上の存在のように感じていました。でも、今年は同じ福島県内で活動しているホメオパスが二人も発表されていたこともあったせいか、発表された方々がとても身近に感じられ、どの方々も、とらこ先生や松尾先生の過去の症例を参考にしながら誠実に精一杯活動されていることがよく伝わってきました。菊田先生の「自信がなかった」は、私と同じだととても勇気づけられました。母のようにいつも強く導いてくださるとらこ先生や、ホメオパシーでつながった先生方、先輩方や、仲間の存在に、改めて感謝する機会になりました。ありがとうございました。
  • 本日も全国にいらっしゃるホメオパスの皆様方が由井学長から学ばれたホメオパシーを使い、改善されているケースをみさせていただき、レメディーだけではなく一人一人のクライアント様によりそって心、魂まで癒されているケースばかりで本当に素晴らしいと思いました。また、由井学長のケースは難病のお子さんが1回の相談会でご自身でものを食べる気力が出ている様子など前向きな変化を見ることができました。大変難しい症状であり状況でも由井学長の相談会での言葉かけは心、魂から人を癒していき、クライアント様、お母さまに変化をもたらしたのだと思いました。私も由井学長のように深いところから癒していけるようにと精進していきたいと思いました。ありがとうございます。
  • 素晴らしかった。人類史に残る絶望の時代に、JPHMAコングレスには光と希望がありました。由井先生の発信はもちろん、豊受自然農スタッフの活動、全国のホメオパス達の発信の中にも命を感じました。南出弁護士、杉本医師、ロジーナ先生の発表は刺激になりました。道繁会長のおっしゃるように、JPHMAくらい発信力と躍動感を持ったホメオパシー協会は世界を探してもないというコメントは心に響きました。コロナ禍、ワクチン禍でいっそうZENホメオパシーが必要とされている事を実感しました。由井先生、道繁会長、菊田副会長、下支えするスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。
  • 由井先生、杉本先生、南出弁護士のお話はショッキングでした。新生児に打つなんて家畜か何かだとでも?…業界利益目的の病人を量産するために打ち、パンデミックでは大人しくさせるために打ち、税金を納めなくなる頃にいなくなるように毒を仕込みたいだけ。あげくワク毒で国民の判断力を鈍らせて政策強行。一連の騒動と今日のコングレスで寛容であってはならないこともあるのだと気づきました。もう日本人は平和ボケから目覚めなければならない時が来た思います。二日間、コングレスの運営と配信にご尽力していただいた皆様に感謝します。有り難うございました。
  • 2日目の視聴を終わって、今頭がいっぱいですが、年々内容の充実度が深まってきているように感じました。ホメオパスの方たちの発表も素晴らしいし、お父様を看取ったホメオパスの体験談も、障害のあるお子さんのケースの学生さんのお話も心に響くものでした。由井先生のZENホメオパシーと、ほんとうに体のためになる食べ物、そして信仰心がいかに大切なものかひしひしと伝わってきました。由井先生、2日間お疲れ様でした。コングレスを支えたすべての方たちに感謝いたします。アイブロウペンシルの発売も嬉しかったです。
  • 2日目も楽しく拝聴致しました。ホメオパスの皆様、南出弁護士、杉本ドクター、ロジーナ先生ありがとうございました。由井先生のケースも感動的でZENメソッドの素晴らしさを感じました。クライアントさんの存在自体が大きな意味を持ち、家族の魂、精神、体を変容させ進化させていることに驚きました。毎回、貴重なケース、様々な発表を介して勉強させて頂けることに感謝申し上げます。コングレスに関わる皆さまにも感謝申し上げます。ありがとうございました。また、来年のコングレスを楽しみにしております。
  • 昨日に引き続きたくさんの発表を視聴し、ホメオパシーの応用範囲と可能性の大きさに驚いています。杉本医師の語る「解熱鎮痛薬の危険性」は誰にも知ってほしい内容で、せめて周りの人に伝えたいと思いました。ロジーナさんの話を聞いて、“私も人との境界線がぼやけているのかもしれない“と気づきました。身近な人が病気になると、私も似たような症状が出るという経験があったものですから。南出弁護士が困難な訴訟を「楽しみながら」とお笑い風に話して下さる姿、頼もしいですね。
  • 2日間にわたるコングレスをありがとうございました。一つ一つの発表が素晴しく勉強になりました。20年位前にホメオパシーに出会い、寅子先生の考え方を聞き、ワクチンや薬への違和感を感じ、ホメオパシーを子育てに使ってきて本当に良かったと思いました。私の周りでもホメオパシーがだいぶ知られてきて、まだ変人扱いではあるかもしれないですが、これからもホメオパシーや西洋医学の闇の部分についても周りに伝えていこうと思います。ありがとうございました!
  • 2日目は、家から参加させていただきました。ホメオパシーの可能性と自然農の大切さを改めて感じた2日間でした。このような素晴らしい内容を無料で家からも拝聴出来る事がありがたく思います。 私たちの目覚めのために険しい道を切り拓いておられる寅子先生と皆さまに心より感謝しております。 いつもありがとうございます。
  • とら子先生を始めとして、ご登壇下さった先生方の日頃のご苦労に感謝いたします。南出先生が、どうせ大変なことなんだから楽しくやろうと仰った通り、これから来るであろう大きな波を対立せず自分軸をしっかり持ってやるっべきことに取り組んで行きたいと思います。たくさんのエネルギーを頂きました。ありがとうございます。
  • 盛りだくさんな二日間でした。ラッキーなことに18日まで配信していただけるのでもう一度観させていただきたいと思っています。とても一回ではもったいない。自分だけで観るのが惜しいと思いました。ホメオパシーと関係なかった方々とも繋がっていけること、本当に素晴らしいですね。ありがとうございました。
  • メンタルや成育環境からの考察をしてホメオパシーでカバーしていく内容がとても参考になり、どうやってホメオパスが相談をしているのかがわかってとても良かったです。難しい事例でありながら、しっかりと寄り添う姿勢がとてもよく、また学びになる事例が多かったです。
  • 皆さんの発表がとてもすばらしくききやすかったです。全体の流れもスムーズでよかったと思います。豊受のいろいろな製品の説明もあり初めての方も楽しめたとおもいます。コングレスのためにスタッフのかたやホメオパスのかたありがとうございました。
  • 用事があってリアル参加はできず、オンライン参加でしたが、参加することができてとてもよかったです。自分の知っている先生が2名大阪校から発表されていたので、レメディの働きとインチャ癒しの大切さ、魂の目的を知る事ができてよかったです。
  • 2日間参加させて頂き、ありがとうございました。全てが素晴らしいケースで、とても勉強になりました。(人の持つ治癒力を、様々な形で見せて頂きました。)由井先生を始めスタッフの方々に感謝致します。
  • 今回も貴重なお話の数々で、とても良かったです。かなりおかしな世界になっていますが面白がって楽しんでいきたいと、改めて思いました。発表された先生方、スタッフの皆様ありがとうございました。
  • ケースを見ていると、私も今干渉を飲んでいるので、これからどうなるのか少しドキドキします。それと、レメディーを選ぶときの理由やレメディー選択の仕方など勉強になりました。
  • 同じ考えの同志がいるということに勇気がもらえた。どんな状況になっても何とかやっていけそうな気がした。諦めたら終わりだから。気づいたら後どう行動していくかが課題です。
  • ワクチンの真実を医師や弁護士さんの立場からハッキリお話ししてくださり、大変心強かったです。アレキサンダー病の症例は、お母様の気づきが素晴らしいと思いました。
  • 多彩なプログラムを聴講させていただきました。由井大会長、南出弁護士先生のご講演、さらにお二人の対談に感銘を受けました。
  • 今日も大変濃厚な内容で、ありがとうございました。各ホメオパスの先生方の発表も大変勉強になりました。インチャの問題を見抜く力が私には欠けているかもしれないなと思いました。南出先生は弁護士でありながら、ワクチン、医療について造詣も深くて、漫談とおっしゃるように面白く聞くことが出来ました。籾米の備蓄は、是非、全国に浸透してやってもらえたらと、他力本願ですが思います。杉本医師は、病院で勤務しながら周囲の医師にも患者さんにもワクチンの害を伝えているという事に尊敬の念を覚えます。私も、治らない医療に疑問を持ってホメオパシーを学びました。内科の先生は、すぐに山ほどの治らない、余病を招く薬を出し、向精神薬まで出していますので、たぶん頭は良いので、感じは良いのに悪魔なのかなと思っていました。自分も病院勤務なので、精神的にかなり辛い部分もあるのです。ロジーナさんの連帯の葛藤が解ります。ただ、私の場合は、お陰様で、病院に有りながらも罪悪感を持つことなく自分で居られるようになりました。中から改革するという力はありませんが、ワクチン接種を断って、聞かれればその理由も話し、そして健康で居続ける事くらいしかできませんが、きっと、その内、医療も変わるだろうと思っています。また、難病も神の心、恩恵なら、DS、ビルゲイツも、パンデミックも、神からの恩恵なのかなと思います。行き着く所まで行くだろう、と誰かも言ってました。その極限にいる現代、私には何が出来るのかなと思いますが、今の現実を受け入れて、家族の事も、これは修行だと思い、でも案外楽しく毎日を過ごしている所です。出来る事はやっていこうと、思っていますので、少ないながら、私も相談を受けて、クライアント様のお役に立とう、その為にはやっぱり少しは勉強しなくてはと、コングレスにも参加させて戴きました。茨の道を歩く勇気はありませんが、自分の前にある道を進んで行こうと思いました。とりあえず、100%米粉パンを作ろうと思っています。お米推進です。
  • 2日間、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。ギューッと濃い2日間でした。本日のケースも全て素晴らしかったです。南出弁護士の反ワクチン訴訟については以前よりサイトを拝見させていただいており、私自身の活動の中でも言及させていただいておりました。子宮頸がんワクチン訴訟の動画なども拝見し力を頂いておりました。私自身、ワクチン反対行動をする時にはどうしても悲壮感と怒りにあふれるような状態になってしまいますが、南出弁護士がおっしゃった「楽しく戦いましょう」には感激し、私もこうなりたいと強く感じました。杉本医師が身近な仲間たちに勇気を持ってコロナワクチンの危険性を伝え、患者さんにも打たない姿勢に感謝いたします。今、日本全国で有志医師の会が発足しワクチンの即時中止を訴えていますが、そういったことはメディアは一切報道しません。南出弁護士もおっしゃっていた、まさに黙殺です。杉本医師が最後に由井先生に送られた「先駆者のゆく道はいばらの道」と言う由井先生への尊敬と労いを込めた言葉に、医師の静かな温かさが込められていて涙が溢れました。ロジーナ先生もさすが由井先生の魂の友、現状を解決するために何をすればいいのかを常に探しそれを見つけていかれる姿勢、自己免疫を高めるためにこの時代に必要なものは分断ではなく共感と思いやりだという姿勢に、自らを反省いたしました。ロジーナ先生は肺と腸の問題が免疫不全を引き起こしているとおっしゃっていました。そして由井先生のご講演では、人工甘味料やネオニコチノイドやグリフォサートで脳と腸が破壊されるとのことで、コロナ茶番やワクチン薬害を受け入れようとしない人々はそういった影響があるのかもとハッと気付きました。皆々様、本当にありがとうございました。私もまずは一人でやれることをやっていきます。なぜなら、まず個として立つことが揺らがずに生きる土台になるからです。ではまた来年!
  • 本日2日目のコングレスもオンラインで視聴させていただきました。まずは発表されたホメオパスの皆さんの知識の広さは素晴らしいと思いました。どなたも勉強されてたくさんの経験を積まれているなぁと感心しながら拝聴しました。私自身は卒業後は農作業の手伝いで、それも人手不足も重なって自分の体力以上の作業をこなしてしまい慢性疲労と燃え尽き症候群、まさに今日の発表にあったような状態で、今月に入りやっと少しずつ回復しつつある中での今回のコングレスでした。今日もたくさんの気づきがありました。多分私の長年に当たるテーマですが、自分が耐えることが当たり前で生きてきたこと、粗末にするのが日常化しているところにぶち当たりました。CHhomの学生時代からインチャ癒しに取り組んできましたが、それもまだまだ足りないと実感しました。農業の大切さはここ3年間の農作業を通し培われてきました。ベランダのないアパートでも東窓の日当たりで豊受産のホーリーバジルを育て、去年は種取りもできました。今年は豊受から取り寄せた野菜のさつまいもから芽が出てしまったので現在プランターで育てている最中ですが、蔓がどんどん延びて部屋ですごいことになっています(笑) 豊受野菜の凄さを目の当たりにしています。また、3年前に購入したシクラメンがカビにやられもう捨てようかと思うほどひどい状態だったのですが、御古菌の力ですっかり再生し生き生きとした葉と鮮やかなピンクの花をつけ始めたところです。由井先生の推進される自然農は本当に素晴らしい(もうここにきて慣行農業はうんざりしてきました)、そして改めて由井先生のご活動はこの未曾有の危機を乗り越え日本人を救う道であると確信しています。私自身の気づきまでいただき、今日のコングレスも参加した意味を感じています。素晴らしいコングレスでした。ありがとうございました。
  • 本日も大変濃厚な内容のコングレスをありがとうございました。動画担当の方々が夜遅くまで編集作業されたという昨日のダイジェストを見ながらこのコングレスもそうだけど人それぞれ自分の役割がありそれを寅子先生のように上に立つ人は信頼しまかせて、一人一人が一生懸命一所懸命に自分のやるべきことに集中することの大切さを考えさせられました。また渡辺ホメオパスの発表で衝撃だったのはホメオパシーの健康相談を受けながらワクチンを打つ人がいるということでした。でもそれを許し、それでもあきらめず対応し続けるホメオパスの懐の広さを感じさせられました。私自身アトピーの患者さんでかなり改善に向かっていたのに昨年夏ワクチンを打ってしまった患者さんに自分でも失望してそのあと症状が再発した時にどう対処していいかわからなくなってしまったということがありとても勉強になりました。また富田ホメオパスのレメディー選択が興味深かったです。朝昼晩にそれぞれレメディと一緒に症状に対するマザーチンクチャーも出されていて参考にさせていただきたいと思います。今回のこのコロナワクチンの状況のおかげで別の道を歩いてきた弁護士の先生や内科医の先生たちと一致団結していける方向に向かうということはこれもやはりコロナもワクチンも神様からのギフトだったということなのかと思います。またこれからもっと勉強を深めより多くの臨床に生かしていきたいと思いました。
  • 第23回JPHMAコングレスの開催、おめでとうございます!寅子先生がイギリスから日本にホメオパシーを持ってこられたご苦労、ホメオパシーバッシングの大きな衝撃を思えば、こうして今年もこうして盛大にコングレスを開催できることに感謝し、とても嬉しく思います。日本でホメオパシーを広め、守ってきてくださった寅子先生、スタッフの皆さま、ありがとうございます。各ホメオパスの発表は年々レベルが上がっていると思います。症状が短期間で改善してるだけでなく、クライアントさんがインナーチャイルドを癒し、祝詞心経をあげ、心が変容し、霊性が上がっている方が多かったと思いました。何より、寅子先生のご講演は素晴らしく、いつも私たちにとって必要な情報を最速で伝えてくれて、さらに対策を教えてくださりありがたいです。男の子のケースもとても難しい症例であるのに、目覚ましい改善が見られて驚きでした!海外のホメオパス、井上先生、南出先生、杉本先生と豪華な先生達のお話も伺うことができてとても贅沢でした!お昼のお弁当も、おもてなしのおやつも、パーティーのご飯もとても美味しかったです!ありがとうございました!また来年もコングレスを開催できることを願っております!
  • 今回も、とても貴重で濃厚なお話しを沢山聞かせていただき、ありがとうございました。招待講演の先生方、ホメオパスの皆様、由井先生の発表のどれも、とても興味深い内容でした。これまでコロナワクチンをはじめ、沢山のワクチンの害について知ってきました。そして、今回のさまざまな先生方のご講演を拝聴して、ワクチンの危険さが浮き彫りになってきたなと感じました。南出先生のコミカルで楽しいご講演も、とても分かりやすく現状を理解することができました。由井先生のお話の中でも、人々が奴隷化される人と自分で考えていく人の2群化するお話がありますが、これから益々分かれていくことが想像されます。まずは、私達が賢く本質を見抜いて、健康になって、いざという時に助け合えるようにする必要があるなと、改めて思いました。また沢山のインナーチャイルドの視点からの症例もあり、心温まる改善例を見て、本当にホメオパシーは三位一体の医療であることを、改めて実感しました。この二日間、ありがとうございました。スタッフの皆様、お疲れ様でした。
  • とら子先生は農業で日本の国を守ると仰いました。医療では潰される、とも。でも食べ物は医食同源で結果は同じというか、もっと根本的に強くなりますね。豊受の調味料で料理すれば添加物を摂ることも無く、お米やお野菜を無農薬、お魚は天然魚にして、白砂糖や乳製品は嗜好品として捉えれば、食生活は自ずと整って心身の状態も安定してきます。皮膚から吸収されるものも畑から作られた化粧品等がありますから安全です。ワクチンやコロナに関しては耳タコだし未だに世間様では大問題視されているのが信じられないほどですが、それもこれも先駆けてとら子先生から情報や対策を頂いていたおかげだということを忘れてはいけないですよね。。本当に感謝しています!とら子先生、皆様ありがとうございます。CHhom、豊受の皆様の存在をとても心強く感じています。そして今年もホメオパスの方々の祭典のようなコングレスを私のような一般人にも解放してくださってありがとうございました。
  • コングレスの配信、どうもありがとうございました。とても充実した2日間になりました。衝撃的な情報が満載だった1日目、道繁会長のおっしゃる通り頭がハイテンションになりましたが、この内容を自分なりに咀嚼してちゃんと理解出来るようにしたいと思いました。2日目はまた更に刺激的な内容が盛り沢山でした。南出先生のお話は笑いを誘いながらも、笑えない深い話の内ました。ました。「四面楚歌でも楽しんで戦う、論理では絶対に負けないから。」という言葉が心に響きました。寅子先生の「苦しみは人を強くする」という言葉を胸に刻んで、少しずつでも人間として、ホメオパスとして、精進していきたいと改めて感じました。
  • 今日もありがとうございました。高野先生の他に杉本先生のような先生が出てきて下さったことがとても嬉しかったです。ロジーナ先生お元気そうで、よかったです。何よりとら子先生がお元気でいてくださることが、私にとっても生きる力になります。これからも真実を見極める目を持つよう心を研ぎ澄ませ、ホメオパシーの考え方を持って仕事に生かします。(自治体保健師なので副業はできずホメオパスの仕事はできていないのですが、薬漬け、ワクチン信奉のすごさは驚くほどです。でも、言葉のレメディを意識したり、国の言うことをまに受けずしっかり調べることや、インチャの考え方について同僚に話したりしています。)
  • 二日目は、特に心の問題、インチャ癒しの重要性を感じる事ができる発表が多く、体の症状だけに目を向けるのではなく、その人の心の奥深くを知ることが、ホメオパスにとって大切な事であると改めて思いました。また、そのためには他人を理解しようと思う心や、人の痛みをわかる心というものが必要になってくるのだと感じました。今日の発表の中で私は特に、南出先生のお話がとても面白く、そして面白いながらに私が聞いてもとても分かりやすい話で、聞けて良かったなと思いました。今回のコングレスに参加して、私ももっと勉強を頑張ろうという気持ちになりました。ありがとうございました。
  • 昨日に引き続き、素晴らしい内容でした。怠け者で、カメの歩みな私ですが、もっとピッチを上げていかなくてはと思います。そのヒントをたくさんいただきました。子どもにワクチン接種をしていなくてもさほど困らずに来ましたが、ここにきて受験する大学から接種証明を求められました。最初の問い合わせで取り付く島がないような対応でしたが、丁寧に書面で説明したところ、学内で検討していただき、接種なしでよいことにしてくださり、また早急に学生募集要項を見直してもらえることになりました。自分にできること、とにかく行動にうつそうと思います。ありがとうございました。
  • 講演された方々、症例発表のみ皆様に心からお礼を申し上げます。どのお話も強く心に響きました。ありがたい、ありがたい内容ばかりでした。明日からの生活に活力を頂きました。一過性のものではなく持続性のある静かなエネルギー、強くしなやかなエネルギーです。寅子先生の今までのご尽力が大きく実ったようなコングレスでした。2005年からで一番、素晴らしいコングレスでした。先生のお人柄が引き寄せたロジーナさん南出さん杉本さんが的を得たお話をされて魅力のあるコングレスになりました。スタッフの方々、本当にお疲れ様でした。感動しました。
  • 今日も素晴らしい発表の数々でした。シリアスになりがちなお話をユーモアたっぷりに話してくださった南出弁護士、医療者でありながらワクチンの危険性を訴え立ち上がられた吉本医師。心強い仲間が増えたと感じました。国は私たちはおバカでいてほしいのでしょうけど、周りでも気付いた人が増えています。コロナを通して日本が、日本人が危ないと気付いた仲間と知り合えたのはコロナの光明でした。子供たちを茶番にこれ以上巻きこまないために、マスクを外して周りの仲間たちと行動していきます。由井先生、理事、スタッフの皆様ありがとうございました。
  • 8月に父が他界しました。本日の発表にもありましたが、ホメオパシーを続けてきたおかげで自然なかたちで父を送ることができ、とても感謝しています。喪失感と共に色んな感情や葛藤が出てくるときではありますが何とか向き合い頑張れています。オンライン参加ではありましたが、中身の濃い充実した時間を共有させていただきました。また南出先生や杉本先生のような弁護士さんやお医者さんがいらっしゃることにも感謝です!希望が持てますね。この2日間、たくさんのエネルギーを頂戴し、やる気と元気が蘇った感覚です。ありがとうございました。
  • ありがとうございました。お父様をなくされた方のお話は私も8月に母を看取ったので、心に響きました。自宅で2か月看護し、できる範囲でレメディやチンキを上げましたので、あまり苦しまず旅立ちよかったと思います。今は元気にあちこち飛び回っているように感じます。すばらしいコングレスを企画し開催していただいた皆様に感謝いたします。ちなみに昨日のパーティーの様子も自宅で拝見できて面白かったです。ありがとうございました。
  • 2日間のコングレス感動の連続でした。アレキサンダー病のお子様に向き合うお母様の言葉には涙が止まりませんでした。お辛いことを魂の成長に繋げられていらっしゃる皆様にいろんなことを学ばせていただきました。一人だからなかなかできないとか思っていましたが、一人だからできることもあるとのお言葉に、少し勇気を出してやれることからやっていこうと決めました。2日間参加させていただきありがとうございました。
  • 一日目は半分くらいしか見れなかったのでこれから見ていきたいと思います。2日目はほぼ全部見れました。色々な症例について、ホメオパスによってアプローチの仕方もちがうし、相談会にかかってもらったタイミングでもレメディが変わったりと、クライアントさんが千差万別なだけでなくホメオパスも千差万別で本当に面白いなと思います。ホメオパスになるのも悪くないなといつも思いつつ踏み出せてません(笑)
  • 卒業以来、ひさしぶりにたっぷりと時間をとって、ホメオパシーの世界に触れました。ホメオパスの皆様の症例発表に加え、寅子先生の難病の症例、すばらしかったです。命を助けるホメオパシー的治療に感動して自然と涙が出ました。見ているうちに、自分もホメオパスとして活動していこう、という決意がわいてきました。これからがんばろうと思います。
  • ありがとうございました。素晴らしい会の開催を重ねて感謝します。今回は家で見させていただきました。そしてただみてよかったおわりではなくてゆい先生がいわれてたように、もう政府があてにならない時代なら自立してやれる事を本気でやろうと決めました。引き続き情報を得て正しくいきていこうと、おもいました。ありがとうございました。
  • 2日間内容の濃いコングレスでした。杉本さん、南出さん講演、良かったです。ロジーナさんはいつも新しいものを紹介してくださいますね。また生で講義を受けてたいと思いました。自分が食べる分だけでもやらなくては!と思いながらまだ何もやっていないのが現状。今日から第一歩を踏まなくてはいけませんね。お疲れ様でした。
  • 今日もたくさんの奇跡を見せていただいてありがとうございました!症状の重いケースにも、諦めずに果敢に取り組む姿に多く触れて刺激を受けました。ホメオパシーをしている限り、可能性を秘めていることを改めて感じます。ホメオパシーと縁を持てた人生に感謝いたします。
  • 精神にも難病にも働きかけるホメオパシーは本当にすごいと思います。サポートチンクチャーについてもっと勉強したい、クマゼミやカマキリなど知らないレメディーについても学びたいと思いました。ファーイーストエッセンスのみを使用したケースも興味深かったです。
  • 今日も、心に響く盛りだくさんの内容をありがとうございました。社会的立場のある方々が、発表してくださり、その勇気と良心に、感動しました。希望をもって、できることを日々していきたいです。
  • ありがとうございました。二日目も充実の内容でした。日本の政治はおかしいですね。目覚める人をどんどん増やしたいですね!
  • 盛りだくさんでした由井先生の自然農お話し大事ですねまたワクチンのこと思いしりました。ありがとうございます。
  • 来年のコングレスに向かって頑張ろうという気持になりました。
  • 1日目と同じく2日目もとても内容が濃く、目から鱗のことが沢山でした。ワクチンはもちろん、食に関しても改めて本当に大事であることが解り、私自身、3年前にプランターで野菜を作ってみたものの全然実がならず、「なんで、どうして!」ばかり思い、肝心の野菜の気持ちは全然わかってあげようとしなかったと今回のコングレスで思いました。また野菜作りを始めよう!と思ったと同時に現在関わりのある方達にも話したところ野菜作りをしたい!となったので頑張ってみようと思います。またモンサント、イルミナティ関連の話も身近な方達は薄々感じてきているのでコングレンスで聞いた話をしたところ、自分が始められることから始めていきたい!と言って頂けたので私自身、もっといろいろなことにアンテナを張り巡らして勉強、実行していこうと強く思いました。貴重なコングレスのお時間を頂き有難うございました。
  • 今回も、情報満載の素晴らしいコングレスを、自宅で視聴でき、配信延長もしていただき、本当に有難いことだと思っています。改めて、ホメオパシーってすごい、と感動した2日間でした。このような貴重な機会を与えてくださった、由井先生はじめ、発表された先生方、スタッフの皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
  • ホメオパスの方々のクライアントさんに対しての献身的な姿、そしてクライアントさんを気づきを促し、治癒や改善に導びくZENホメオパシーは本当に素晴らしいと改めて思いました。ありがとうございました。私も頑張ります!
  • 二日目も新鮮な情報ばかりで大変興味深く視聴しました。荒川ホメオパスの紹介したCalc-renと、片山ホメオパスのフラワーエッセンスで身体症状を改善したケースはとても参考になりましたし、南出先生のワクチン漫談には終始笑いが止まりませんでした。南出先生は次回以降も講演を聞きたいと思いました。また、寅子先生のお話もアレキサンダー病のケースや砂糖とでんぷんの糖の違いなど、今回も勉強になりました。そして毎回司会進行の腕を上げておられる東先生には脱帽です、その当意即妙ぶりたるやプロのアナウンサーのようです。時間が押している中での奮闘ぶりも含め、広く評価されていいのでは?と思いました。
  • 2日目も非常に興味深く視聴させて頂きました。南出喜久治弁護士のお話は広い内容でしたが、面白く組み立て話して下さったので、すんなり入ってきました。医療、農業、政治、経済多岐に渡っていて、興味深かったです。寅子先生のお話は、自然農の重要性と自給のススメに納得しました。2日間に渡り沢山の有益な情報とホメオパスの方々の報告はこれからの未来にホメオパシーは不可欠だと再認識いたしました。アーカイブを延長して下さいまして、ありがとうございました。できることから始めたいです。
  • 当日オンラインでいくつか、そして今日アーカイブで全部視聴させて頂きました。一つ一つの発表から実にさまざまな奥深いことを学ばせていただきました。寅子先生のご講演も、その知識の深さと情熱と愛情に感動しました。未曽有の課題を孕む時代にあって、このような暖かで知的な場に、居ながらにして高齢者の私が参加できたことを感謝します。この上ない幸せと希望の光を感じました。本当にありがとうございました。
  • 1日目、2日目とギッシリ詰まった充実の内容で、勉強になりました。やはり、他のホメオパスの方々の、処方は、とても参考になりました。また、ここでなければ、お話しを聴けない素晴らしいゲストの方々、弁護士の先生や、ドクターの話しは、どんどん一般の人へと拡散されるよう、私も努力したいと思います。楽しいコングレスをありがとうございました。
  • 2日目、大変濃ゆい圧巻の内容でした。南出先生、由井先生、杉本先生のお話に驚きつつ納得しました。配信の良さは聞き逃したところも巻き戻せるところ。ノートにきっちり記録することができました。アレキサンダー病のケース、食の大切さを改めて認識しました。やはり、コングレスは面白いなぁと思います。どうもありがとうございました。
  • 民主主義も経済も環境、食糧も不安定、危機的状況ですらあります。特に自然なものを求めるほどに共感を得ることは難しく感じます。その中で、今回のコングレスでは職業、立場を越えてのつながりを感じることができ、自分ができることを探そうと思いました。
  • 全てのプログラムに感動しました。ありがとうございました。食事の大切さ、信仰心の大切さ、改めて肝に銘じ今後の生活に反映できるよう精進したいと思います。プルモナリアのチンクチャー気になります。
  • コロナワクチン接種の問題など、今後様々なことが明るみに出てくるようになると感じました。