日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
工藤聖子(くどう・さとこ)

プログラム1日目:学術発表「コロナ禍で心身ともに変容した50代・女性アトピーのケース」工藤聖子ホメオパスからの発表前メッセージです。

発表演題のポイント

50代女性のアトピーのケースをご紹介します。
これまで10年間ホメオパシーを続けても、何度も湿疹をぶり返す状況で、当センターにいらっしゃったクライアントさん。湿疹をぶり返し、好転反応を受け入れられない原因は、あるレメディーを取らなかったことと、ある心の傾向にありました。
好転反応の湿疹と痒みで、全く眠れず、家を一歩も出られず、家族からの理解や支えもない中、コロナ禍で無料で配信される寅子先生の動画を見続け、祝詞般若心経を毎日あげることで、大きな気づきを得たクライアントさんは、心身ともに大きな変容を遂げました。
アトピーでお悩みの方、好転反応の最中にあって心が折れそうな方、苦しい人生を生きていらっしゃる方にとって、このクライアントさんのケースがこの先の希望となれば嬉しく思います。

大会メッセージ

これから起きるかもしれない本格的なパンデミックに対し、
①感染症の予防ができる、②感染症に罹った時の対応ができる、③ワクチンの解毒ができる、
という3拍子揃ったZENホメオパシーは、今まさに時代に求められる療法であることは間違いありません。
そして、同時に起きるかもしれない食糧危機や金融危機に対しては、由井名誉会長が提唱し実践されてきた、種をとり、農薬・化学肥料を使わない自然農に回帰し、経済の仕組みから抜け出すことで、生き抜いていくことができます。
由井名誉会長が何十年も前にこの危機を察知し、長い年月をかけ取り組んでこられたその恩恵を、
今私たちが受けられることに感謝し、困難な時代を生き抜く知恵が詰まったZENホメオパシーを
1人でも多くの方に知っていただく大会になることを願ってやみません。

JPHMA会員とホメオパシーユーザーさん、みんなの力で、このコングレスを歴史に残る大会にしていきましょう!