日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
土橋晃子(つちはし・てるこ)

Webポスター発表:学術発表の土橋晃子さんからの「演題のポイント」と「発表前メッセージ」です。

発表演題のポイント

穏やかで何事も良いといわれることに真面目に取り組み、様々な薬を積極的に取り入れて来られた方のケースです。ホメオパシー開始後、長年不安にさせられていた胸痛が改善、甲状腺機能低下症を示すTSHの値も改善しました。相談会の途中でのインフルエンザワクチン接種がどのように作用したかと、その後の対処についてもお伝えします。

メッセージ

第23回 JPHMAコングレスの開催を心からお祝い申し上げます。サバイバルモードになってきた世の中で安心できるような情報をいつも提供して下さり大変感謝しております。今年も素晴らしい大会になりますようお祈りしています。