日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

<発表前メッセージ>「ワクチン接種後悪化した膀胱炎が改善したケース+α」尾崎実花

尾崎実花(おざき・みか)

Webポスター発表:学術発表「ワクチン接種後悪化した膀胱炎が改善したケース+α」尾崎実花さんからの発表前メッセージです。

発表演題のポイント

2021年6月、今から1年4ヶ月前、高齢者の1回目接種が終わった頃のケース。φコロン-V-fが功を奏し、ファミホメの知識からまずは急性対応、次に4年制授業とTBRから慢性対応しました。改善した、未だに再発していない、よかったですバンザイ、をメインテーマとすると、動画ではサブテーマである、接種を巡っての、私の心の変遷についてお話ししています。

メッセージ

まだまだ接種する、しないの議論の頃。マスク反対の署名や未成年への接種中止の署名をし、拡散していた頃でした。とらこ先生が「まさかみんなこんなに打つとは思わなかった」の言葉通り、あれよあれよと、世の中は邁進してしまい、私は落胆・失望し、今や少数派となった縁ある方々、家族を守ることに心を砕く日々となりました。その流れを受け入れていく過程で、だんだん心の整理がつき、今回ケースを提出することにしました。同じようなことで悩み、苦しい思いをしているどなたかの励ましになれたら幸いです。