日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
笈田祐友子(おいた・ゆうこ)

Webポスター発表:学術発表「レスキューの連鎖~高等養護学校でのホメオパシー使用公認を得たケース」笈田祐友子さんからの発表前メッセージです。

発表演題のポイント

高等養護学校に入学したばかりの自閉症の息子さんがいらっしゃるクライアント。
入学後暴言やアトピー性皮膚炎の症状が目立ち始め学校から病院での投薬治療を繰り返
し要求されました。
クライアント自身も卵巣子宮全摘出手術や様々なトラブルに合い満身創痍。
その状態でも愛する息子を守るため学校からの要求に屈せず行動したクライアントが起
こしたパラレルワールドのシフト。

メッセージ

今年も第23回JPHMAコングレスにて世界中の多くの方々と集えることに心より感謝いた
しております。今回のコングレステーマにあるように、今私たちの目の前には『未曽有の時代』が迫っ
ています。
目に見えないものを軽んじた人類がそれを導いたのだとすれば、私達は今、これから、忘れてしまった目に見えない大いなるものとのつながりを取り戻
し生きていく時です。
「ホメオパシーと自然農で日本の国土、国民の生命、健康を守る」それが世界に伝播します。共に歩んで参りましょう。