日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
日本ホメオパシー医学協会

Webポスター発表:学術発表「85歳 男性 腰椎側湾症のケース」溝下まいこさんからの発表前メッセージです。

発表演題のポイント

今回提出したケースについて、ホメオパス認定試験に向けての提出ケースでもあり、自分にとって初めての相談会でした。相談会をする前は、自分が相談会をして、クライアントの自己治癒力を引き出せるサポートができるのか不安でしたが、実際に相談会が進んでいくと、改めて自己治癒力を高めるレメディー、内臓をサポートするハーブ、自分を責める価値観の解放、生活習慣の改善等からアプローチするZenホメオパシーの素晴らしさを実感しました。
85歳の高齢の側弯症や常に悲しくて何もやる気が起きない女性のケースを紹介いたしますが、
ご高齢でも、精神的にどん底になっていても、人は自己治癒力があり、
スイッチが入れば、生き生きと輝けるのだなと思えた症例です。

メッセージ

コングレスを機に皆さんとZenホメオパシーの素晴らしさを共有できたらいいなと
思います。また少しでも多くの方にこの素晴らしい療法を知っていただきたいなと思います。
まだまだ知らないことも多い未熟者ですが、よろしくお願いいたします。