日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

<発表前メッセージ>演題①「霊性を高めてくれるジェモエッセンスによって、深い氣づきが起き、いじめやDVの傷が癒えて、過去を肯定的にとらえられるようになったケース」
演題②「ファー・イースト・フラワーエッセンスによって、自信を取り戻し、自己肯定感も高まり、諦めていた夢に向かって行動できるようになったケース」森下千秋

森下千秋(もりした・ちあき)

演題①「霊性を高めてくれるジェモエッセンスによって、深い氣づきが起き、いじめやDVの傷が癒えて、過去を肯定的にとらえられるようになったケース」

発表演題のポイント

緑内障で少しずつ視力が低下していた女性の、家系由来と考えられた部分へジェモのもつ植物からの愛と癒しのバイブレーションが届いたことによって、繰返し起きていた問題の大元となるできごとへの氣づきが起き、視力が改善し、過去を肯定的にとらえられるようになったケースをご紹介させていただきます。

演題②「ファー・イースト・フラワーエッセンスによって、自信を取り戻し、自己肯定感も高まり、諦めていた夢に向かって行動できるようになったケース」

発表演題のポイント

氣力がなく頭の中が混乱していて、抗うつ剤や睡眠薬をとっておられた女性が、
日本のお花たちのやさしいおだやかな愛と癒しのバイブレーションによって、他人軸で生きてきたことに氣づき、自分軸で生きる方向へとシフトチェンジし、諦めていた夢に向かって生活が変化されたケースをご紹介させていただきます。

メッセージ

第23回JPHMAコングレスの開催おめでとうございます。
生きづらさを抱えておられる方、根本からの治癒をめざしておられる方、JPHMAコングレスの発表で、そのヒントやこたえがみつかると思います。
ホメオパシーは自然の法則に沿って、自己治癒力に働きかける療法です。
必要とされてらっしゃる方に、自然界からの贈りものが届きますように☆。
23回という長きに渡りまして開催を継続してくださいました寅子先生、開催にご尽力くださいました全てのみなさまに心より感謝申し上げます。