日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
吉見英未
吉見英未(よしみ・えみ)
JPHF認定ファミリーホメオパス/CHhom13期(1年生)

「感染症と考えられる家族の下痢症状が改善したケース」吉見英未

保育園に通う1歳の息子さんが下痢になりました。その後、両親も同様の症状に。息子さんの通う保育園は、感染症かと思うとのことでした。発症の前には、夜中に息子さんが起きてしまうため、両親は、寝不足が続いていた状態でした。
ファミリーホメオパスとして、それぞれの症状にあわせ、ノゾーズなどのレメディーを活用し、急性病を治癒へと、みごとに導いたケースです。

提出資料(PDF)