日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

<発表前メッセージ>「感染症と考えられる家族の下痢症状が改善したケース」吉見英未

吉見英未(よしみ・えみ)

プログラム1日目:学術発表「感染症と考えられる家族の下痢症状が改善したケース」吉見英未さんからの発表前メッセージです。

発表演題のポイント

1才男児が保育園で感染したと思われる感染症による下痢症状が続いていた。
両親にも感染し、3人とも下痢症状を発症。
各々がポリオを中心としたレメディーをとることで短期間で改善したケース。

メッセージ

23回コングレス開催おめでとうございます。
年1回のコングレスでいつもホメオパシーのすばらしさをあらためて感じ、原点に戻り、ホメオパシーと由井先生に出会ったことに感謝しています。
ホメオパシーが身体にやさしい療法であること、そして人間を自然に戻す力があることを学び伝えていきたいと考えています。