日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
荒川美由紀
荒川美由紀(あらかわ・みゆき)
日本ホメオパシーセンター東京日野 センター長/JPHMA認定ホメオパス

「ホメオパシーとインナーチャイルド癒しで、更年期以降の激しい感情の爆発が改善し、女性としての幸せと霊的な進化へと向かいはじめたケース」荒川美由紀

 更年期症状以降、怒りが爆発し感情のコントロールができないという70代・女性のクライアントさん。その他にも、睡眠時無呼吸症候群、考え事からの不眠、膝の痛み、恐怖心が強いなどのお悩みを抱えていらっしゃいました。

更年期以来、自慢だった母と、自分とは正反対の自己主張の強い姉に対しての怒りと不満が爆発し、感情のコントロールができません。相談会当初は、姉のせい、母のせいと相手を責める気持ちが大きくありました。

 相談会では、嫉妬、許し、干渉、罪悪感などのサポートチンクチャーをとっていただきながら、インナーチャイルド癒しも進めることで、自分の本当の要望を言えずに抑えてきたことを自覚しはじめ、相談会を重ねる毎に、自分の気持ちを大切にする事、自分が幸せになっても良いと許可を出せるようになっていきました。途中、尿路結石にもなりましたが、荒川ホメオパスは、

「未消化のまま細胞内に閉じ込められていた怒りや恨みが石となって排出されようです。」と伝え、ホメオパシーを学ばれている娘さんのサポートもあり、乗り越えられました。

 いつも人の世話ばかりを請け負って損な役割を負ってきた人生に不条理さを感じて疲弊していたクライアントさんは、自分の未解決な問題と向き合いながら、次々と起る困難に対しても、必ず乗り越えて幸せに向かえるはずと強く前向きな女性へと変化を遂げていきました。

 70代になっても、自分の女性としての幸せを諦めることなく、再び夫と真剣に向き合おうとチャレンジする姿勢や、子供たちの為にも家族の問題を解決しようと挑む姿は、多くの人を励まし、終活への良きお手本にもなるのではないかと、荒川ホメオパスは結ばれていました。

提出資料(PDF)