日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

<発表前メッセージ>「ホメオパシーとインナーチャイルド癒しで、更年期以降の激しい感情の爆発が改善し、女性としての幸せと霊的な進化へと向かいはじめたケース」荒川美由紀

荒川美由紀(あらかわ・みゆき)

プログラム2日目:学術発表「ホメオパシーとインナーチャイルド癒しで、更年期以降の激しい感情の爆発が改善し、女性としての幸せと霊的な進化へと向かいはじめたケース」荒川美由紀ホメオパスからの発表前メッセージです。

第23回の記念大会に寄せたメッセージ

みなさま、こんにちは。東京日野センターでホメオパスをしております荒川美由紀です。
長引くコロナ禍で疲弊していらっしゃる方、または、新たに自分らしい生き方へと舵を切り直した方など様々だと思いますが、今回の第23回JPHMAコングレスがきっと多くの方のこれからの生き方の指針となり、希望を与えるものになることを感じております。

発表演題のポイント紹介文

更年期は、多くの女性を悩ませていることのひとつですが、ホメオパシーはその変化の荒波をサポートするだけでなく、霊的な進化へと導けることを今回のケースでお伝えしたいと思います。
相談会を始めた当初は、これまでのご自身の人生を嘆いておられたクライアントさんですが、レメディーをとりインナーチャイルド癒やしを行っていく中で、あらたな困難がやってきてもきっと乗り越えられると自身が持てるようになり、子どもたちの為にも、自分自身の為にも幸せになる事を諦めずに、未解決な問題に取り組まれる姿勢は、きっと多くの方の力になることと思います。