日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

2022年夏、お父様の看取りの体験をお話していただきました。

「時々めまいがするんだよ…」というきっかけ、お父様は我慢強い人でそんなことはめったにありません。
病院へと促しますが「病院だけは連れて行かないで」頑固拒否、
そしてお父様は「覚悟しているから、この家で死なせてくれ」決意を示されました。

父との別れが近いと感じた彼女は、自身に語りかけ、そして祈られたようです。
かつてはどの家でも普通であった自宅での見取り。

自然に逝けるはずだ、何があってもなんとかなる、自身を励ましながら見取りに向かわれました。
そしてお父様の最後は、すっと眠ったように息を引き取られました。

家で見取ることことが、寿命を納得して、執着なく生きる。自然な営みであることをこの体験談から、皆様にも家族を送り出すこと、家族の死と向き合うことについて、深く考えさせられるお話でした。
最後、今ここに生かされていることを心から感謝いたします。と体験談を絞められました。

提出資料(PDF)