日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
杉本武史
杉本武史(すぎもと・たけふみ)
医師(内科医)

「医師が語る解熱鎮痛薬の危険性」杉本武史

本日は解熱鎮痛薬の危険性とワクチンについての実態について解説されました。


病原体(細菌、ウイルス)は低温で増殖し、高温に弱い、熱に弱いです。細菌は40℃を超えると増えにくく、ウイルスの多くは36-37℃よりも低温でよく増殖し38℃以上では増えにくいのです。

解熱鎮痛薬で熱を下げることによって、免疫が低下し、細菌、ウイルスが増殖し、様々な症状が出て
重症化してしまうこともあります。スペイン風邪の場合もアスピリンを服用し、死亡者が増大しました。タミフルを摂った場合にも、低体温となり、突然死となるケースの事例やデータが多くあります。

解熱鎮痛薬(特にNSAID)を飲まなければ、免疫低下やサイトカインストームや重症化など、基本的に起こりません。熱が出たら解熱剤と、日本の医者と国民が当たり前のこととして行ってきていますが、この常識は誤りであると気づく必要があります。

次にワクチンについてですが、これまで様々なワクチンがありますが、麻疹やポリオや多くのワクチンの場合、統計データ的に感染症が収束してきた後にワクチンが登場しており、ワクチンが感染症を収束に導いたのではありません。

ワクチンには様々なタンパク質やホルムアルデヒド、アルミニウム、水銀、アジュバントなどが
入っており、その影響は計り知れないです。インフルエンザワクチンは全く意味がないことが「前橋リポート」で立証されています。

ワクチンの有害事象として、アナフィナキシーショックはもとより、血圧低下 脈拍低下 呼吸困難アレルギー 蕁麻疹、血管浮腫、ギラン・バレー症候群、ケイレン、様々な神経疾患 脳障害 自閉症 認知機能障害などがあげられています。

ワクチンの同時接種が危険度が高く、ワクチン接種が多いほど、子供の死亡が多いというデータが示されています。そして、ワクチンを受けない子供の方が、病院にかかる率が圧倒的に少ないということです。厚生省審議会はワクチン被害を認めない事例が数多いですが、ワクチンはリスクがあることを認識し対応していくことが大切です。

これまでワクチンに関して真実を伝えてきた由井先生は先駆者として大変なことだったと思います。ここに感謝いたします。