日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

<発表前メッセージ>「シェディング様症状(アレルギー全般、皮膚疾患、他)が改善したケース」楠瀬裕道

楠瀬裕道(くすのせ・ひろみち)

プログラム1日目:学術発表「シェディング様症状(アレルギー全般、皮膚疾患、他)が改善したケース」楠瀬 裕道さんからの発表前メッセージです。

発表演題のポイント

40代女性、シェディング症状のクライアントです。
コロナワクチン接種者からの影響(シェディング症状)で長期にわたり体調不良(皮膚疾患(蕁麻疹)、頭痛、喉の痛みと腫れ、胃腸炎、吐き気、倦怠感、嘔吐、背中のこわばり等の症状)のクライアントが、ホメオパシー健康相談にかかる前は、セルフケアとしてご自身でレメディーを摂取していましたが、セルフケアに限界を感じられ、日本ホメオパシーセンター大阪本部で健康相談を受けられることになりました。
1回目の健康相談で、腸をサポートするZENメソッドに基づいたレメディーと食生活の改善により、各種症状が大幅に改善し、クライアント自らが根本原因に向き合い気付かれたケースです。

メッセージ

第23回JPHMAコングレス開催、おめでとうございます。
このコングレス開催をキッカケとし、より多くの方がホメオパシー療法に触れ、自然農の素晴らしさに気付き、霊性の向上を目指し、他と比較することなく自分らしい唯一無二の人生を歩まれることを願ってやみません。