日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
楠瀬裕道
楠瀬裕道(くすのせ・ひろみち)
日本ホメオパシーセンター大阪本部/JPHMA認定ホメオパス/CHhom7期卒

「シェディング様症状(アレルギー全般、皮膚疾患、他)が改善したケース」楠瀬裕道

45歳女性

コロナワクチン未接種にも関わらずシェディング様症状(コロナワクチン接種者からの呼気や汗などから排泄されるスパイクタンパクによる影響のこと)により、

アレルギーや蕁麻疹、湿疹、くしゃみ鼻水、倦怠感他、沢山の体調不良でお悩みのクライアントさんでした。

それに対し、腸にアプローチし、改善させていくことにより、アレルギーを改善させていったケースでした。

セルフケアでは限界があったが、ホメオパスの元で、ZENメソッドによる健康相談をしていった結果、大幅に改善しました。

今後ワクチン被害者だけではなく、シェディング様症状でお悩みの方も増えていく事が予想されるため、ホメオパシーがより一層必要であることが示されたケースでした。

提出資料(PDF)