日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

<発表前メッセージ>「花々とともにインナーチャイルドを癒す 心を癒すことで身体症状を改善に導くファー・イースト・フラワーエッセンスの可能性」片山里美

片山里美(かたやま・さとみ)

プログラム2日目:学術発表「花々とともにインナーチャイルドを癒す 心を癒すことで身体症状を改善に導くファーイーストフラワーエッセンスの可能性」片山里美さんからの発表前メッセージです。

発表演題のポイント

「主訴である月経過多と顔面神経痛の背景にある抑鬱と倦怠感に、ファーイーストフラワーエッセンスをお選びした30代女性の方の症例です。治癒のプロセスで、過去の帯状疱疹の痛みと未解決な感情が浮上しました。この方のインナーチャイルドに寄り添う花々のエッセンスをお選びすることで、心が癒され、身体症状が改善へと導かれていきます。日本人の心に寄り添う日本の花々から作られたファーイーストフラワーエッセンスが心の問題を癒すだけでなく、身体症状をも改善に導く可能性に着目したいと思います。」

メッセージ

「23回を迎えるコングレスの開催を支えておられる沢山の方々に感謝申し上げます。真に症状を改善したい方々、真にご自分を生きようとされる方々が、探し求めるものに出会える場となりますように。」