日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
新城英一(しんじょう・えいいち)

プログラム1日目:学術発表「ZENホメオパシー 1回の処方で「子宮内膜症」が消滅」新城英一さんからの発表前メッセージです。

発表演題のポイント

不妊治療を希望するクライアントさん。
しかし、「子宮内膜症」の診断により治療が不可能という診断を受けてホメオパシー相談に訪れました。
このケースでは、幼少期に精神的ネグレクトで育ったクライアントさんが、育児放棄された子供を育てる「運命」を受け入れられるかというテーマが隠されていました。ZENホメオパシーによる奇跡的治癒のケースです。

メッセージ

皆さま、こんにちは。ホメオパス(自然療法士)の新城英一🌺です。
コロナ禍がもたらした恩恵の1つは、不自然な治療による害と、自然な治癒力こそが必要だと 気づいた人が多い事ではないでしょうか。 ホメオパシーの恩恵が必要な方々に行き届きますように。