日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

<発表前メッセージ>「コロナワクチン接種後の手の痺れがサポートチンクチャーとZENメソッドで改善したケース」神田恵

神田恵(かんだ・けい)

プログラム1日目:学術発表「コロナワクチン接種後の手の痺れがサポートチンクチャーとZENメソッドで改善したケース」神田恵ホメオパスからの発表前メッセージです。

発表演題のポイント

コロナワクチン接種後に現れた症状をホメオパシーによって改善に導くことができたケースです。
クライアントはファイザー社製のワクチンを2回接種した後に両手の痺れ・こわばりを発症しました。
仕事に支障をきたしてしまうと悩み、知人の勧めでサポートチンクチャーを摂り始めました。
続いて相談会を利用しZENメソッドによるレメディーを摂るにしたがって、症状は徐々に改善。
自分の体や健康が一番大切だと気付き、仕事環境などを見直すこともできました。

メッセージ

第23回記念大会開催おめでとうございます。
多くの人にホメオパシーの最先端を知ってもらう機会としてコングレスは本当に重要だと感じています。
大会の成功を心からお祈りいたします。