日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
片山里美
片山里美(かたやま・さとみ)
日本ホメオパシ―センター江別元町/JPHMA認定ホメオパス

「花々とともにインナーチャイルドを癒す 心を癒すことで身体症状を改善に導くファー・イースト・フラワーエッセンスの可能性」片山里美

クライアントは、30歳女性、主訴は月経過多で、月経前後に首のリンパが腫れ、毎月風邪症状、PMS 、筋緊張、両頬のリンパや三叉神経に沿って皮膚が盛り上がり、炎症、発赤が出現。倦怠感が強くなるなどの症状があります。
クライアントは、職場で大きなトラブルがあり退社。その後疲労困憊し、それ以来不調が続いています。。抑鬱と月経過多で免疫が低下し、体調の良い日は月に数日程度です。気力がおきず、寝ていても落ち着かない。それが一年続き、再就職適応障害の息子の子育て、祖父の介護等があり、葛藤がありさまざまな療法を試したが改善しないという状況でした。

手法としてはファーイーストフラワーエッセンスを用いました。
1回目はクズ、ヤマハギ、ヤマラッキョウなど急に落ち込んだ免疫を一気に回復させるため、共通の花色と夏に開花する植物で統一しました。

1回目、主訴である月経過多と顔面の神経痛が改善。2回目、冷え改善、同時にマイナス感情浮上。
3回目、自律神経が整うことで帯状疱疹の神経痛と根本の冷えの改善。自分らしい心のペースを取り戻してきました。

クライアントの方の人生に同種のフラワーエッセンスを選択することで、花々がインチャを癒し、更には身体症状を改善に導いたと思われます。ファーイーストフラワーエッセンスの可能性に触れるケースとなったと締めくくられました。

提出資料(PDF)