日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる
道繁良
道繁良(みちしげ・りょう)
JPHMA会長/JPHMA認定ホメオパス/日本ホメオパシーセンター島根安来“CuZen!”

「原因に合わせたサポートチンクチャーと症状への感謝によって速やかに改善した二つの皮膚疾患(アトピーと掌蹠膿疱症)のケース」道繁良

道繁良/「原因に合わせたサポートチンクチャーと症状への感謝によって速やかに改善した二つの皮膚疾患(アトピーと掌蹠膿疱症)のケース」

道繁ホメオパスは皮膚に症状がある2名のクライアントのケースを発表いただきました。
25歳男性、一年ほど前に足に水虫のような症状が現われ、市販薬で消失するが、その直後から手の症状が始まり、病院で掌蹠膿疱症と診断される。
病院での治療をするも皮膚の炎症は一時的に抑えられるが再発を繰り返し、毎日突然起る猛烈な痒みは治まらず、粘り気のある膿が出ていた。
その症状が何を排出しようとしているのかをタイムラインから探り、喫煙、飲酒に注目。
サポートティンクチャーをメインにレメディー選択。タバコとお酒を半分に減らす事や無農薬野菜と自然な味噌で作ったみそ汁を飲むことなど、アドバイスを行う。
症状への感謝で自己治癒力を促進するため、手の症状があるから、体内を健康に保てている事を伝え、症状のありがたさ、感謝が必要という事を理解して頂いた。
好転反応が落ち着き2ヵ月以内で大きく改善した。ステロイドの使用をやめることができ、痒みなどもレメディーやビーワックスクリームでケアできている。

17歳女性は手にアトピーの症状があり、患部を見られることを気にして肌色のテープをはっていました。
クライアントのタイムラインから、何を排出するための皮膚症状なのか探り、
アトピーが始まったのが予防接種後であることが判明した。
サポートティンクチャーをメインにレメディー選択。「この患部からいろいろと出しているから体の中が
健康に保たれているんですよ。指先という体の末端にそれを集めて出す事のできる生命力の強さ、
お母さんが食事など健康的に気をつけてくれていることなど、感謝の大切さを伝えた。
好転反応を経て乾燥と痒みが改善、患部を見られることを気にして貼っていたテープを張る必要がなくなった。

根底にあるのはハーネマンが全ての病気の源と言った疥癬マヤズムがあると確信。疥癬マヤズムを乗り越えるためには
自然と自分の生命力への信頼、身体をくれた親、命を繋いでくれた先祖、命を支えれくれる自然
それを作ってくれた神への感謝、信仰心が育つことが必要だと思っています。
ホメオパスとして人々を自然への感謝に導ける魂のホメオパスを目指して精進していきたいと思います。と締めくくられました。