日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス ZENホメオパシー学術大会

第23回「ワクチン信奉の崩壊
未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

ZENホメオパシー学術大会:ホメオパシーにはいろいろな手法があり、クライアントによって、その手法は選ばれるものであるという理論があります。JPHMAコングレスでは、ホメオパスたちの手法による治癒に導いたケースを聞くことができ、また、ホメオパスたちの日々の経験と学びも聞くことができます。

第24回大会は、2023年10月7日(土)〜8日(日)に
今回と同じようなオンライン配信イベントとして開催予定です

閉じる

第23回概要・プログラム

チラシ|第23回JPHMAコングレス2022「ワクチン信奉の崩壊 未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」

【見逃し配信中】「ワクチン信奉の崩壊 未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」開催日:2022年10月15日(土)〜2022年10月16日(日)/
コングレスを開催いたしました。ご参加、ご協力いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

このページの目次:
まとめ・リンク|概要▼プログラム1日目▼プログラム2日目▼告知協力のお願い▼

まとめ・リンク


概要

タイトル日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス2022
第23回ZENホメオパシー学術大会
テーマ:ワクチン信奉の崩壊 未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う
趣旨この秋以降予測される第二次パンデミック。JPHMA新会長に道繋良を迎えて、新生JPHMAコングレスを開催いたします。
日時2022年10月15日(土)〜2022年10月16日(日)
時間:両日とも10:00~18:30予定(開場は9:15)
対象一般。どなたでも参加いただけます。
場所ホメオパシー統合医療専門学校カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(以下「CHhom」)
ライブ会場:CHhom(東京校)
同時中継会場:CHhom(大阪校)
JPHMA自宅コングレス会場JPHMA認定ホメオパスの自宅を開放。開放自宅一覧はこちら。
オンライン配信:ご自宅などのインターネット回線が使える場所
参加特典ライブ会場で協賛団体の出展ブースあり。ライブ会場以外の参加者にも特典をご用意しております。詳しくはこちら
参加申込み方法参加形態:会場参加、オンライン参加
申込み方法:詳しくは「参加申込み方法」をお読みください。
申込みチケット購入ページ:1日目申込みページ2日目申込みページ
参加費無料*要事前申込
参加要件・オンライン配信システムを利用する関係上、①「豊受モール会員登録」(会員登録無料、退会もできます)、または②「CHhomオンラインショップ」上での申込みいずれかが必要です。
・カメラ、ビデオ、PC、録音機器などによる、撮影・録音はご遠慮ください。
・オンライン配信で参加する際の視聴推奨ブラウザはGoogle Chrome です。ブラウザ設定やバージョンアップ等の設定作業が必要となる場合もございます。
お問合せ先名称:日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)
連絡先:03-5797-3073(営業日・時間:火曜ー土曜/10:00-17:00
イベントにより「営業日・時間」が異なる場合があります。
資料・チラシPDF:flyer-202210.pdf(3MB)
・ホメオパシーについて:JPHMA公式サイト「ホメオパシーとは
・ZENホメオパシーについて:由井寅子JPHMA名誉会長公式サイト「ZENホメオパシーとは
備考主催:日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)
大会長:道繋良
司会進行:東昭史(CHhom講師)
協賛:CHhom日本豊受自然農株式会社、日本豊受自然林株式会社、日本宇迦魂種苗株式会社日本ホメオパシーセンター総本部豊受オーガニクスショッピングモール(略名「豊受モール」)、ホメオパシーブックス(ホメオパシー出版)

プログラム/1日目:2022年10月15日(土)

9:15開場
10:00開会セレモニー
・開会宣言:新城英一 
・国歌斉唱
・開会挨拶:道繁良(大会長)、由井寅子JPHMA名誉会長
・自宅コングレス会場中継
リンク:メッセージ(大会長)
10:15●学術発表(JPHMA会員ほか):
「コロナ禍で心身ともに変容した50代・女性アトピーのケース」工藤聖子|メッセージ
「出産の緊急時にレメディーが役立ったケース」岡本富士子
「コロナワクチン接種後の全身痙攣が改善された13歳、中二男子のケース」豊池明子メッセージ
「感染症と考えられる家族の下痢症状が改善したケース」吉見英未メッセージ
「急激な股関節の激痛が改善したケース」高宮義和
11:05休憩
11:15●学術発表(JPHMA会員ほか):
ZENホメオパシー 1回の処方で「子宮内膜症」が消滅新城英一メッセージ
「改めて炎症はありがたい(アトピーのケースの考察より)」関守桂子メッセージ
「コロナワクチン接種後の手の痺れがサポートチンクチャーとZENメソッドで改善したケース」神田恵メッセージ
「シェディング様症状(アレルギー全般、皮膚疾患、他)が改善したケース」楠瀬裕道メッセージ
「子宮頸がんワクチン後の諸症状と多嚢胞性卵巣機能障害による無排卵、無月経から妊娠、出産へと導けたZENホメオパシー」山田美智子メッセージ
「コロナワクチン後の帯状疱疹に対して鍼灸とホメオパシーの併用が奏功したケース、セルフケア(お灸)の勧め」橋本孝子メッセージ
12:10午前の部 学術講評:
道繁良(大会長)、由井寅子JPHMA名誉会長
12:15昼食休憩:
弁当、レストラン、販売、自宅コングレス中継、協賛団体案内
横田美沙、渡邊公代ほか
13:15全国リレー中継/未曽有の危機への対応発表(JPHMA会員・CHhom学生):
山梨県「農業はありがたい、一緒に自然農をはじめましょう!」井手麻子 
島根県「自然農を始めることにしました」道繁良 
茨城県「市民農園で始めた自然農の取り組みについて―インチャ癒しと食育の観点からー」坪井郁枝
北海道「農的ホメオパシーを実践して思うこと」片山里美
福島県「福島でのとようけ式有機農業の実践」櫛田美智恵メッセージ
東京都「子供たちの食を守る活動」鈴木ともこメッセージ
沖縄県「石垣島から発信する自給自足・環境共生型スタイル」寺澤カンナ
・神奈川県「こどもたちを守るための地域で連携した鎌倉での市民活動」関守桂子
千葉県「パンデミック・食料危機・金融危機に対するホメオパスとしての取組~由井名誉会長の提言を受けて」工藤聖子
・宮城県「ワクチン信奉崩壊で目覚め人たちに注目されるホメオパシー」橋本孝子 
・東京都「勉強会などを通した地道な啓蒙活動の推進」砂田裕一

JPHMA認定証授与式
JPHMA認定者代表からコメント
・ホメオパス/鈴木一美
・ファミリーホメオパス/中野祐美子
・インナーチャイルドセラピスト/植原京子
・フラワーエッセンス療法士、スピリチュアル・フィトセラピスト/森下千秋
14:20●来賓講演:
「感染と免疫の意味論 コロナ狂騒曲の真実と処方箋」
井上正康(大阪市立大学医学部名誉教授)
●トーク、質疑応答:井上正康由井寅子道繁良
15:30休憩、おもてなし
15:45●アトラクション:津軽三味線 演奏/山本竹勇
15:55●基調講演:
「未曾有の時代を生き抜くために(1)」
由井寅子(JPHMA名誉会長、日本豊受自然農代表)
16:45休憩
17:00●来賓講演/英国:
「免疫系、現在のパンデミックに対するホリスティック病理(新型コロナ、サル痘、マールブルグ熱、等)*英国の状況を含む」
トレバー・ガン(イギリス人ホメオパス、生化学者)
18:00●トーク:トレバー・ガン&由井寅子、逐次通訳/都築明美
●講評 
●閉会宣言:髙野弘之
18:201日目プログラム終了、自宅コングレス会場も結ぶ
・ライブ会場:入れ替え
・アンケート記入
18:30●継続ライブ配信
●JPHMA会員はZOOM接続&別室東京校L2で会員年次総会
●WEB公開での発表区分(旧ポスター発表区分)から症例紹介
「サポートレスキューがきっかけで母親が立ち直り、息子の養護学校・寮生活でのホメオパシー使用が認められたケース」笈田祐友子
「新型コロナワクチン接種後悪化した膀胱炎が治癒したケース」尾崎実花メッセージ
「高齢者の記憶障害と新型ワクチン接種後に頻発したてんかん発作に対応したケース」石田信子
19:15第23回JPHMAコングレス懇親会パーティーライブ中継(大阪サテライト会場も同時中継)
場所:豊受オーガニクスレストラン 
アトラクション:津軽三味線演奏(山本竹勇) 
1日目プログラム:時間、内容は変更の可能性あり

プログラム/2日目:2022年10月16日(日)

9:15開場
10:00開会セレモニー
・国歌斉唱
・1日目ダイジェスト上映
道繁良大会長挨拶、由井寅子JPHMA名誉会長挨拶
・自宅コングレス会場中継
10:20●学術発表(JPHMA会員ほか):
「精神に働きかけるサポートチンクチャーが、深い気づきをもたらす」井手麻子メッセージ
「IgG4関連疾患(指定難病300)へのホメオパシー的サポート」増田敬子
「ZENホメオパシーの実践で自分を愛することに目覚め癒していったケース」小林智美
「甲状腺疾患へのZENホメオパシーの有効性」櫛田美智恵メッセージ
「副腎疲労にアプローチすることで速やかに改善した10代女性アトピーのケース」道繁良メッセージ
11:10休憩
11:20●学術発表(JPHMA会員ほか):
「ホメオパシーとインナーチャイルド癒しで、更年期以降の激しい感情の爆発が改善し、女性としての幸せと霊的な進化へと向かいはじめたケース」荒川美由紀メッセージ
「不安・緊張・パニック症の解消をきっかけに心身の不調に気づき、インナーチャイルド癒しに取り組むようになったケース」渡辺華奈メッセージ
「70代男性の非抗酸菌症がホメオパシーで改善したケース」富田沙織メッセージ
「アトピーへのZENホメオパシー的対処 30代女性 アトピーとカルマのケース」菊田雄介
「花々とともにインナーチャイルドを癒す 心を癒すことで身体症状を改善に導くファー・イースト・フラワーエッセンスの可能性」片山里美メッセージ
12:10午前の部 学術講評:
道繁良(大会長)、由井寅子JPHMA名誉会長
12:15昼食休憩:
弁当、レストラン、販売、自宅コングレス中継、協賛団体案内
横田美沙(日本豊受自然農)、渡邊公代ほか
13:20●来賓講演:
「『まほらまと』日本の自立再生社会の実現を!~反ワクチン訴訟報告と食料危機の時代への解決策提案~」
南出喜久治(弁護士)
リンク:メッセージ
記念写真撮影
14:10休憩
14:25●体験発表(クライアント):
「看取り 父との最期の日々」阿部重美
14:35●基調講演:
「未曾有の時代を生き抜くために(2)」
由井寅子(JPHMA名誉会長、日本豊受自然農代表)
・由井先生クライアントさんからのZOOMメッセージ
15:25豊受式自然農の実践発表
由井寅子代表の講演を受けて日本豊受自然農株式会社でどのように自然農を実践しているのかを紹介します。
・「洞爺農場での豊受ステラミニトマトなど自家採種での栽培と種とりの実践」/米丸輝久
・「仮)自然農での耕作放棄地再生 豊受の米作りを通して感じること」/吉岡宏将
・「自然農で心身・健康に良い大豆・麦の栽培」/小林且行
・「六本松農場のサツマイモ、酵素づくり」/矢田康平
・「豊受野菜の魅力と自家採種での栽培実践の報告 & 自然農に取り組む静岡県函南・伊豆の国での農業部の活動紹介」/数原賢明&農業部の皆さん
・「豊受の砂糖を使わない健康スィーツの紹介 & 畑から豊受商品を供給する六次産業化の取り組む」/廣瀬智美&加工部の皆さん 
16:00・休憩
・短編アニメーション動画「ゲノム編集など遺伝子編集がいかに危険で予測不可能であるかの7つの理由」(6分半)披露/制作:映画「遺伝子組み換えルーレット」監督ジェフリー・M・スミス(IRT)日本語版制作:日本豊受自然農
16:15●学術講演:
「医師が語る解熱鎮痛薬の危険性」
杉本武史(内科医)
16:55ドイツ国歌斉唱
●来賓講演/ドイツ:
「ドイツと近隣諸国におけるパンデミック現状(新型コロナ、サル痘、マールブルグ熱、等)」
ロジーナ・ゾンネンシュミット(ドイツ人ホメオパス、音楽民俗学・インド学・エジプト学の博士)
●トーク、質疑応答:ロジーナ・ゾンネンシュミット&由井寅子、逐次通訳/都築明美
17:50休憩
17:55パネルディスカッション
南出喜久治由井寅子
18:20総評、閉会挨拶、閉会宣言、来年の大会日程告知、自宅コングレス会場も結ぶ
道繁良大会長、由井寅子JPHMA名誉会長、砂田裕一
18:30全プログラム終了
2日目プログラム:時間、内容は変更の可能性あり

告知協力のお願い

当サイトへのリンク用バナー、プロモーション動画をご用意いたしました。当サイトをより多くの方々に認知していただけるよう、皆さまのホームページやブログにリンクバナーの設置、プロモーション動画の拡散をお願いしたく存じます。